コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函館湾 はこだてわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

函館湾
はこだてわん

北海道南西部,函館市函館山南端にある大鼻北斗市の葛登支岬 (かっとしみさき) を結ぶ線以北の湾。別称巴湾。水深大部分が 20m以内。南東部に重要港湾函館港がある。湾岸には造船漁具化学肥料石油精製セメントなどの工業が発達。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はこだてわん【函館湾】

北海道,渡島(おしま)半島先端の松前半島と亀田半島にはさまれた湾奥にあり,津軽海峡に開口する湾。湾の形から巴(ともえ)湾とも呼ばれる。東の函館山南端の大鼻岬(おおはなさき)と,西の函館に隣接する上磯町の葛登支(かつとし)岬とを結ぶ線より北の海域を指す。湾東部には函館港がある。海運の障害となる冬季の北西季節風が松前半島によってさえぎられてその影響が少なく,また湾の海底は砂質で,投錨に適しているため,早くから天然の良港として利用されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕函館湾(はこだてわん)


北海道南西部、渡島(おしま)半島南部に抱かれた小湾。函館山南端の大鼻(おおばな)岬とその西方約8.5kmの葛登支(かっとし)岬を結ぶ線を湾口とする。湾奥部は砂浜海岸で、七重(なえ)浜に1954年(昭和29)の青函(せいかん)連絡船洞爺丸(とうやまる)遭難事故の慰霊碑がある。東部の函館港は重要港湾で遠洋漁業の基地。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

函館湾
はこだてわん

北海道南西部、渡島(おしま)半島南部にあり、津軽海峡に面した湾入。東の函館(はこだて)山と西の北斗(ほくと)市の葛登支(かつとし/かっとうし)岬を結んだ線から北側の湾で、その形から巴(ともえ)湾ともよばれた。水深は湾口中央で50~60メートル。湾岸東部は弓形の砂浜海岸で、数列の砂丘があったが、住宅化が進んで破壊されている。南東部には函館山と砂州に囲まれた函館港があり、津軽海峡フェリーや青函フェリーが青森、大間(おおま)などとの間に発着する。湾岸には石油精製工場やセメント工場があり、臨海工業地域となっている。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

函館湾の関連キーワード松前藩戸切地陣屋跡北海道北斗市函館(市)上磯[町]上磯〈町〉函館[市]函館平野五稜郭跡田本研造弁天台場砂浜海岸陸繋島四稜郭江差線七重北斗湾口

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

函館湾の関連情報