コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)紙細工 キリカミザイク

デジタル大辞泉の解説

きりかみ‐ざいく【切(り)紙細工】

紙を切り抜いて、種々の形をつくる手芸。切り抜き細工。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

切紙細工【きりがみざいく】

紙を切って模様,人物など種々の形を作る手芸。日本の伝統的な切紙模様である〈紋切〉は,折りたたんだ紙を切り,対称性のある紋形を作るもの。また紋形を切りぬいた型紙〈紋切形〉が幕末から明治にかけて流布したが,決まりきった様式を〈紋切形〉と呼ぶのはこれに由来している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きりがみざいく【切紙細工】

紙を切りぬいて種々の形をつくる手芸。〈切りぬき細工〉ともいう。古くから世界各地で行われているが,抽象的・幾何学的模様をつくる切紙模様,人物や風物の形を切りぬく切紙絵,切紙を組み立てて家や家具の雛型をつくる切紙の模型などが行われている。 日本の伝統的な切紙模様に〈紋切〉がある。紋形の対称性を応用して,正方形の紙を一定の方式で折りたたんで紋章の部分を切りぬく手法で,紙をひろげると全体の紋章が得られる。紙の折り方には一つ折りから五つ折りまでが行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切紙細工
きりがみざいく

切紙細工とは、主として手漉(す)きの和紙を使って、鋏(はさみ)、小刀、あいすき、丸錐(きり)などの刃物で、さまざまな図案(草花、鳥獣、人物、風景、建造物、社会生活、文字など)を切り抜いたり、彫り刻んだりした手作りの細工物のことである。切紙細工の特色は、「切絵(きりえ)」とは異なり、描いた絵をそのまま切り抜かない。絵をいったん切紙独特の図案(切り抜いたときにどの部分をつまみ上げても、全部がつながっている)に描き直して下絵をつくる必要がある。技術上からみると、陰刻といって、切り抜いた空間によってものの形を表す方法と、陽刻といって、反対に切り残す部分によってものの形を表す方法とがある。
 切紙細工の魅力の一つは、切られた手漉紙の味わいにあるといえる。手漉きの和紙は、色、つや、温かみ、強さ、手触りなどに洋紙にはない独得の美しさがある。そのため切紙図案独自の造型美とが相和して、絵の具やペンなどで描いたものにはない手作りの工芸美が表現できる。
 切紙細工のおこりは古く、いつごろから始まったのか、まだはっきりわかっていないが、中国では剪紙(せんし)といい、数多い工芸品のなかでもっとも代表的なものの一つである。日本でも中国と同様祭祀(さいし)用として伝わってきたが、中国のように広く民間で切り抜いて楽しむ手作りの工芸品として普及するには至っていない。紙工芸としてはあまり発展をみなかったが、染物用の型紙としては非常な発達を遂げ、江戸小紋染め、型友禅(ゆうぜん)、沖縄の紅型(びんがた)など優れた作品を生んでいる。切紙細工は、年中行事の祭祀用としてつくられたり、まじないや縁起のために切られたりしてきたが、現在では鑑賞や装飾用として、また年賀状、暑中見舞、贈答用、書籍・雑誌・新聞などのカット、映画のタイトルバック、学校教育にも使われている。[秋山光男]
『藤井増蔵著『切り紙――中国の切り紙・日本の切り紙・切り紙の技法』(1975・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

切(り)紙細工の関連キーワードシルエット千代紙孝感