コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利益衡量 りえきこうりょう

2件 の用語解説(利益衡量の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

りえきこうりょう【利益衡量】

法律の合理的な解釈のために、当事者や利害関係人の利益その他の公益などを比較すること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りえきこうりょう【利益衡量 Interessenabwägung[ドイツ]】

法律学上の用語。裁判ないし法の解釈にあたって,現実に対立している諸利益を探究し,比較衡量していずれをとるかを決すること。今日では,概念法学(法規をそれ自体として完結的かつ欠缺(けんけつ)のないものと想定し,したがって,法規上の概念を抽象的・論理的に操作するだけで,すべての問題について具体的に妥当な判断を引き出すことができると考える立場)を信奉する者はほとんどいない。それは,現実には,必ずしもすべての結論が法規の条文から一義的に引き出せるとはいえないことが一般的に認識されるようになったからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の利益衡量の言及

【基本的人権】より

…ただ,ばくぜんとした公共の福祉の概念を抽象的で包括的な国家的利益や社会全体の利益でおきかえ,かつての公益優先主義や全体主義に陥らないよう注意すべきである。そのため利益衡量論が登場する。すなわち,人権を制限することによって得られる利益とそれを制限しないことによってもたらされる利益とを比較衡量して,前者の利益が大きいとき人権の制限が正当化される。…

※「利益衡量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone