コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

券契 ケンケイ

2件 の用語解説(券契の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん‐けい【券契】

地券手形割符(わりふ)などの総称。券。証文。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の券契の言及

【記録荘園券契所】より

…後三条天皇の1069年(延久1)閏10月(《百錬抄》に閏2月とあるのは閏10月の誤りと解される)に太政官の朝所(あいたんどころ)に設置された荘園券契(証拠書類)審査機関。このとき寄人が定められたが,のち1111年(天永2)に記録所が作られたとき延久の例にならい上卿(しようけい)1人,弁1人,寄人(よりうど)3人が任ぜられたとあるので,同様な構成であったのであろう。…

※「券契」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

券契の関連情報