コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加世田[市] かせだ

2件 の用語解説(加世田[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加世田[市]【かせだ】

鹿児島県薩摩半島南西部の旧市。1954年市制。中心は旧加世田町地区で,近世以来南薩の中心地として発達した。農業は零細であるが,カボチャラッキョウを多産し,茶・ミカン栽培が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かせだ【加世田[市]】

鹿児島県薩摩半島南西部,万之瀬(まのせ)川河口南岸にある市。1954年加世田町,万世(ばんせい)町が合体,市制。人口2万4484(1995)。山地,台地が広く,平野は万之瀬川とその支流の沿岸に限られるが,古くから地方の中心で,中世にここを本拠とした島津忠良は島津家中興の祖として竹田神社にまつられている。市名の起りは《古事記》《日本書紀》の天孫降臨のくだりにある地名〈笠狭(かささ)〉だといわれる。産業別所得としては商業,サービス業が最も多い地方中心都市であるが,焼酎,化学(クエン酸製造),人造宝石研磨などの工業も盛んであり,また九州各地に販路を持つ製パン業もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加世田[市]の関連キーワード開聞岳加世田薩摩薩摩半島樋脇鹿児島南さつま南九州黒之瀬戸だんだん市場肥薩おれんじ鉄道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone