コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働安全衛生 ろうどうあんぜんえいせい

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうあんぜんえいせい【労働安全衛生】

労働者の就業にかかわる建設物,設備,原材料,ガス,蒸気,粉塵(ふんじん)などにより,または作業行動その他業務に起因して労働者が負傷し疾病にかかり,または死亡することを労働災害というが,それを未然に防止することはもちろん,さらに労働者が快適に作業できるよう作業条件・環境を適正に整備し併せて健康管理を行い労働者の安全と健康の確保を目的とする諸施策や活動をいう。その内容・基準については,労働基準法労働安全衛生法(後述)を中心とする関係法規が定めているが,各事業場ではそれを遵守することはもちろん,さらに安全衛生水準向上のためきめ細かな対策が必要となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

労働安全衛生の関連キーワードJapan National Institute of Occupational Safety and HealthTHP(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)職場での安全と健康のための世界デーアスベスト(石綿)と関連する基準心の病を防ぐ企業の体制づくり阪神大震災とアスベストストレスチェック義務化クレーン等安全規則労働者健康安全機構労働者健康福祉機構中央労働基準審議会オルト・トルイジン放射線業務従事者国の受動喫煙対策蒲原沢土石流災害海外派遣者の健診労働安全衛生規則労働基準監督署JR伯備線事故救命胴衣の着用

労働安全衛生の関連情報