位階勲等(読み)いかいくんとう

百科事典マイペディア「位階勲等」の解説

位階勲等【いかいくんとう】

古代では身分標識の一種,近代では栄典制度の一種。日本古代では従来の世襲的な氏姓制度の代りに,大陸・朝鮮諸国にならい一代限りの身分標識として,603年冠位十二階の制度を採用した。そののち官人組織の充実に並行して,位階は647年に13階,649年に19階,664年に26階,685年に諸臣のみでも48階と細分化し,701年の大宝令で親王4階,諸王・諸臣30階とし,他に武官に対し勲12等を定めた。位階・勲等は明治政府も採用,位階は正(しょう)・従(じゅ)一位から八位まで16階として官職の地位・功績に応じて皇族以外の日本人に,勲等は大勲位〜勲八等として皇族・外国人にも授与することとした。戦後の新憲法下では生存の叙位・叙勲が停止されていたが,1964年に特権を伴わない生存者叙勲・戦没者叙勲を開始。
→関連項目位記位田官位勲章地下爵位叙位叙勲大勲位年給褒章

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「位階勲等」の解説

いかい‐くんとう ヰカイ‥【位階勲等】

〘名〙 功績のある者を賞するために授けられる位と勲章と等級
※軽犯罪法(1948)一条「位階勲等、学位その他法令により定められた称号

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「位階勲等」の解説

いかいくんとう【位階勲等】

国家社会に勲功のある者を賞すべく授けられる位と勲章と等級。第2次大戦前の日本において,爵と並んで天皇大権に基づく栄典制度根幹をなすものであった。律令時代以来の伝統的な位階と西洋諸国をモデルとした勲章との和洋折衷的組合せに,日本の近代化が象徴されている。位階は,603年(推古11)聖徳太子による冠位十二階を端緒とし,律令制における官人の序列を示す等級であった。それが明治維新時に二十階,1889年に一位から八位までそれぞれ正従に分かれて十六階と定められ,1926年の位階令に受けつがれていく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android