コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勿来 なこそ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勿来
なこそ

福島県南東部,いわき市の南部を占める地域。旧市名。 1966年近隣市町村と合体していわき市となる。植田,勿来,錦が主要市街地を形成。植田,勿来は旧浜街道の宿駅として発達し,商業が盛ん。錦は新興の工業地で化学,製紙などの工場が立地している。鮫川の河口には 56年完成の常磐共同火力発電所があり,新産業都市常磐地区の動力基地。茨城県境付近に白河関念珠関とともに奥羽三関の1つ勿来関跡がある。勿来県立自然公園に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なこそ【勿来】

福島県いわき市南東部の地名。旧勿来市。勿来関跡がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

勿来【なこそ】

福島県いわき市の一地区。1955年市制の旧市で,1966年合併によりいわき市となる。勿来関があった地。常磐線常磐自動車道が通じ,植田,勿来窪田に市街がある。化学,石油化学の工場,火力発電所があり,常磐新産業都市の一中心。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕勿来(なこそ)


福島県いわき市南部の地区名。
地名は古代の勿来関(なこそのせき)に由来。勿来県立自然公園に含まれ、勿来関跡や勿来海水浴場がある。

〔福島県〕勿来(なこそ)


福島県いわき市南部の一地区。勿来市は1955年(昭和30)から1966年(昭和41)まで存続し、同年に近隣4市4町5村と合併、いわき市の一部となる。地名は古代の勿来関(なこそのせき)に由来。製紙・化学などの工場が立地。勿来関跡や海水浴場があり、勿来県立自然公園に含まれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勿来
なこそ

福島県南東部、いわき市の一地区。旧勿来市。地名は古代の勿来関に由来する。常磐(じょうばん)炭田の南部を占め、現在は化学、製紙工業がある。太平洋岸は海水浴場で知られ、勿来関、四時(しとき)川渓谷、照島(てるしま)などとともに勿来県立自然公園をなす。勿来関跡の近くには勿来の関公園がつくられ、文学歴史館がある。JR常磐線、国道6号が通じ、常磐自動車道のいわき勿来インターチェンジが設置されている。[原田 榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勿来の関連キーワード福島県いわき市勿来町関田長沢福島県いわき市勿来町関田須賀コールオイル・ミクスチャーいわき市勿来関文学歴史館常磐郡山工業地域いわき[市]陸前浜街道鮫川[村]鎌倉街道風船爆弾勿来の関花井乃誉白河関跡清原武衡菊多の関念珠ヶ関奥州街道白河の関酔乃郷温海

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勿来の関連情報