コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勿来 なこそ

6件 の用語解説(勿来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勿来
なこそ

福島県南東部,いわき市の南部を占める地域。旧市名。 1966年近隣市町村と合体していわき市となる。植田,勿来,錦が主要市街地を形成。植田,勿来は旧浜街道の宿駅として発達し,商業が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なこそ【勿来】

福島県いわき市南東部の地名。旧勿来市。勿来関跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

勿来【なこそ】

福島県いわき市の一地区。1955年市制の旧市で,1966年合併によりいわき市となる。勿来関があった地。常磐線常磐自動車道が通じ,植田,勿来窪田に市街がある。化学,石油化学の工場,火力発電所があり,常磐新産業都市の一中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕勿来(なこそ)


福島県いわき市南部の地区名。
地名は古代の勿来関(なこそのせき)に由来。勿来県立自然公園に含まれ、勿来関跡や勿来海水浴場がある。

〔福島県〕勿来(なこそ)


福島県いわき市南部の一地区。勿来市は1955年(昭和30)から1966年(昭和41)まで存続し、同年に近隣4市4町5村と合併、いわき市の一部となる。地名は古代の勿来関(なこそのせき)に由来。製紙・化学などの工場が立地。勿来関跡や海水浴場があり、勿来県立自然公園に含まれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勿来
なこそ

福島県南東部、いわき市の一地区。旧勿来市。地名は古代の勿来関に由来する。常磐(じょうばん)炭田の南部を占め、現在は化学、製紙工業がある。太平洋岸は海水浴場で知られ、勿来関、四時(しとき)川渓谷、照島(てるしま)などとともに勿来県立自然公園をなす。勿来関跡の近くには勿来の関公園がつくられ、文学歴史館がある。JR常磐線、国道6号が通じ、常磐自動車道のいわき勿来インターチェンジが設置されている。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勿来の関連キーワード福島県いわき市勿来町窪田郡福島県いわき市勿来町窪田馬場福島県いわき市勿来町酒井和台福島県いわき市勿来町四沢向福島県いわき市勿来町四沢谷地福島県いわき市勿来町関田須賀福島県いわき市勿来町関田長沢福島県いわき市勿来町関田西福島県いわき市勿来町関田和久福島県いわき市南台

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勿来の関連情報