コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勿来 なこそ

6件 の用語解説(勿来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勿来
なこそ

福島県南東部,いわき市の南部を占める地域。旧市名。 1966年近隣市町村と合体していわき市となる。植田,勿来,錦が主要市街地を形成。植田,勿来は旧浜街道の宿駅として発達し,商業が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

勿来【なこそ】

福島県いわき市の一地区。1955年市制の旧市で,1966年合併によりいわき市となる。勿来関があった地。常磐線常磐自動車道が通じ,植田,勿来窪田に市街がある。化学,石油化学の工場,火力発電所があり,常磐新産業都市の一中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕勿来(なこそ)


福島県いわき市南部の地区名。
地名は古代の勿来関(なこそのせき)に由来。勿来県立自然公園に含まれ、勿来関跡や勿来海水浴場がある。

〔福島県〕勿来(なこそ)


福島県いわき市南部の一地区。勿来市は1955年(昭和30)から1966年(昭和41)まで存続し、同年に近隣4市4町5村と合併、いわき市の一部となる。地名は古代の勿来関(なこそのせき)に由来。製紙・化学などの工場が立地。勿来関跡や海水浴場があり、勿来県立自然公園に含まれる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勿来
なこそ

福島県南東部、いわき市の一地区。旧勿来市。地名は古代の勿来関に由来する。常磐(じょうばん)炭田の南部を占め、現在は化学、製紙工業がある。太平洋岸は海水浴場で知られ、勿来関、四時(しとき)川渓谷、照島(てるしま)などとともに勿来県立自然公園をなす。勿来関跡の近くには勿来の関公園がつくられ、文学歴史館がある。JR常磐線、国道6号が通じ、常磐自動車道のいわき勿来インターチェンジが設置されている。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勿来の関連情報