コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三経 じゅうさんぎょうShi-san-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十三経
じゅうさんぎょう
Shi-san-jing

「じゅうさんけい」とも読む。儒教経書 13,すなわち『易経 (周易) 』『書経 (尚書) 』『詩経 (毛詩) 』『周礼 (しゅらい) 』『礼記 (らいき) 』『儀礼 (ぎらい) 』『春秋左氏伝』『春秋公羊伝 (くようでん) 』『春秋穀梁伝』『論語』『孝経』『爾雅 (じが) 』『孟子』をいう。孔子が教科書としたものに『詩』『書』『礼』の古典があったと伝えられ,また戦国時代には,六経 (りくけい) ,十二経の名が伝えられているが,実際には五経が儒教の経書として次第に定着し,漢代には五経 (『易』『書』『詩』『儀礼』『公羊伝』) と『論語』『孝経』が官吏となるものの必修書となった。そののち『周礼』『礼記』『左氏伝』『穀梁伝』などが加わり,唐初には,『易』『書』『詩』『礼記』『左氏伝』,次いで『周礼』『儀礼』の伝来の注にさらに詳しく解釈した疏を加えていわゆる「正義」 (正しい解釈) とし,官吏採用試験の教科書とした。また唐末までには,『論語』『孝経』『爾雅』を加えて十二経となり,前記以外の経書の疏を著わすものが出,北宋 (11世紀) には,『孟子注疏』を加えて,『十三経注疏』とともに十三経の名目が固定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうさん‐ぎょう〔ジフサンギヤウ〕【十三経】

中国における儒家の基本的な書物13種。「周易(易経)」「尚書(書経)」「毛詩(詩経)」「周礼(しゅらい)」「儀礼(ぎらい)」「礼記(らいき)」「春秋左氏伝」「春秋公羊(くよう)伝」「春秋穀梁(こくりょう)伝」「論語」「孝経」「爾雅(じが)」「孟子」で、代に定められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

十三経

儒教の基本的な経典。▽『易経』(周易)、『書経』(尚書)、『詩経』(毛詩)、『周礼』(しゅらい)、『儀礼』(ぎらい)、『礼記』、『春秋左氏伝』、『春秋公羊伝』、『春秋穀梁伝』、『論語』、『孝経』、『爾雅』、『孟子』 ※『爾雅』、『孟子』の代わりに『老子』、『荘子』を入れる説もあり

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうさんぎょう【十三経】

中国、儒家の一三の基本的経典。周易(易経)・尚書(書経)・毛詩(詩経)・周礼しゆらい・儀礼ぎらい・礼記らいき・春秋左氏伝・春秋公羊くよう伝・春秋穀梁こくりよう伝・論語・孝経・爾雅じが・孟子をいい、宋代に定められた。じゅうさんけい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十三経の言及

【十三経注疏】より

…416巻。《周易》《尚書》《毛詩》《礼記(らいき)》《周礼(しゆらい)》《儀礼(ぎらい)》《左氏伝》《公羊(くよう)伝》《穀梁(こくりよう)伝》《論語》《孝経》《爾雅(じが)》《孟子》の十三経の注疏。前2世紀前漢武帝のとき,儒教が国教化されると,易・書・詩・礼・春秋の五経に博士官(五経博士)が置かれた。…

※「十三経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十三経の関連キーワード武英殿聚珍版叢書儀礼(儒教経典)尚書古文疏証北京の孔廟財津 愛象内野台嶺皇清経解中国思想松崎慊堂木下順庵六十種曲経典釈文財津愛象春秋学武英殿李慈銘汲古閣杭世駿朱彝尊漢学

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十三経の関連情報