コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗室(12代) せん そうしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗室(12代) せん-そうしつ

1853-1917 明治-大正時代の茶道家。
嘉永(かえい)6年生まれ。裏千家12代家元。角倉(すみのくら)家から養子にはいる。妻は11代宗室の長女猶鹿子(ゆかこ)。明治初期の衰退期に茶道の維持振興につとめた。明治18年家督をゆずり隠居。大正6年12月8日死去。65歳。京都出身。名は別に玄室。号は直叟,又玅斎(ゆうみょうさい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android