コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膳所焼 ぜぜやき

4件 の用語解説(膳所焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膳所焼
ぜぜやき

大津市膳所で焼かれた陶器。寛永年間 (1624~44) に膳所藩主石川忠総が茶人小堀遠州を招き,その指導を得て作陶させたといわれる。作品のほとんどは茶器で特に大江茶入れが有名。薄作りで鉄釉の釉調が美しい光沢をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜぜ‐やき【所焼】

滋賀県大津市膳所から産する陶器。寛永年間(1624~1644)ごろの創始で、遠州七窯(えんしゅうなながま)の一つに数えられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぜぜやき【膳所焼】

大津市膳所で産する陶器。開窯は慶長年間(1596~1615)頃か。寛永年間(1624~1644)、膳所城主石川忠総が命じ、小堀遠州の指導の下に茶器生産が始まる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膳所焼
ぜぜやき

滋賀県大津市膳所に営まれた陶窯。江戸初期に築かれて当初は瀬田焼とよばれた可能性があり、京都の陶窯の主流を受け止めて茶陶を焼く知名度の高い窯場となり、遠州七窯(なながま)の一つとされた。その窯址については、文献が大津市瀬田大江町国分窯(かま)ヶ谷(たに)にあるとする国分窯は不詳であるが、大江窯は大津市瀬田久保江の若松神社内に発見された。おもに黒褐釉(ゆう)を用いて茶入れ、天目茶碗(てんもくぢゃわん)、茶碗などの茶具を製し、小堀遠州の茶風が強く作風に反映しているといわれる。明治維新のころいったん中絶したが、1919年(大正8)岩崎建三が再興した。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膳所焼の関連キーワード滋賀県大津市枝滋賀県大津市木戸滋賀県大津市京町滋賀県大津市小関町滋賀県大津市御陵町滋賀県大津市中央滋賀県大津市錦織滋賀県大津市浜大津滋賀県大津市牧大阪府泉大津市旭町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膳所焼の関連情報