コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口宣案 くぜんあん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口宣案
くぜんあん

古文書形式の一つ。蔵人が天皇の命令を上卿に口頭で伝える代りに,勅命の内容を簡単に覚え書風に記して渡したもの。平安時代末期から行われた。宿紙 (→薄墨紙 ) を用いたものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くぜん‐あん【口宣案】

口宣1」の手控え。のちには独立して効力のある文書となった。口宣。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

口宣案【くぜんあん】

勅旨伝達のさい作られる文書。内侍(ないし)から勅旨を承った蔵人(くろうど)は,その趣旨を紙に書き(口宣書)心覚えとしておき,上卿(しょうけい)(その事柄を担当する公卿)へは口頭で伝えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くぜんあん【口宣案】

口宣の案文。鎌倉中期以降発生した文書様式の一つ。従来叙位,任官,補任,身分待遇等人事に関する事項は,位記,官符,官牒,宣旨,詔書,宣命,勅旨等が用いられていた。これらの文書は太政官における一定の儀式を経て発給されるもので,その主導権は建前ながらも天皇‐太政官にあった。しかし鎌倉中期,後嵯峨院政ころより院政が中世公家政治のなかに定着すると,このような人事権は治天の君が掌握するところとなり,人事に関する口宣も,治天の君から発せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くぜんあん【口宣案】

口宣の控え書き。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の口宣案の言及

【公家様文書】より

…その淵源は二つに分けられる。一つは奈良時代に,仰せ,命令の意で広く用いられていた宣の系譜を引く内侍宣(ないしせん),宣旨(せんじ),口宣案(くぜんあん),官宣旨(弁官下文),国司庁宣,大府宣などである。内侍宣は,天皇に近侍して奏宣をつかさどる内侍司の女官が天皇の仰せを伝えるものであるが,薬子の変を機に蔵人所が置かれ(810),蔵人が天皇の仰せを,太政官の上卿に伝えるようになった。…

※「口宣案」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口宣案の関連情報