口腔アレルギー症候群(読み)コウクウアレルギーショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

こうくうアレルギー‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【口×腔アレルギー症候群】

新鮮な果物や野菜を食べると口の中にかゆみや刺激感が生じるアレルギーの総称。花粉症ラテックスアレルギーを合併することが多い。OAS(oral allergy syndrome)。
[補説]例えば、スギの花粉症があるとトマト、イネ科やブタクサの花粉症があるとメロン・スイカ、シラカバやハンノキの花粉症があるとリンゴ・モモ・サクランボウ、ヨモギの花粉症があるとセロリ・ニンジン、ラテックスアレルギーがあるとキウイフルーツ・バナナ・アボカド・クリなどで口腔アレルギーを起こすことがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口腔アレルギー症候群
こうくうあれるぎーしょうこうぐん
oral allergy syndrome

特定の果物や野菜などを摂取した際に、口唇や舌、口腔粘膜あるいは咽頭(いんとう)などにそれらが直接接触することで惹起(じゃっき)されるアレルギー疾患。英語の頭文字をとってOASと略称する。おもに口腔や咽頭のかゆみやイガイガ感、ヒリヒリ感、つっぱりや腫(は)れといったアレルギー症状を呈する。原因食物摂取後15分以内に起こり、その後自然に消退する口腔咽頭症状が主だが、まれにじんま疹(しん)や吐き気、腹痛や下痢などの消化器症状を伴うこともある。重症になると喘息(ぜんそく)発作を引き起こしたり、チアノーゼや意識障害を伴うアナフィラキシーショックに至ることもある。
 OASは種々の花粉症患者に多く発症することが知られており、とくにシラカバやハンノキの花粉にアレルギーのある人に起こりやすい。また、ラテックスアレルギー(ゴムアレルギー)のある人にも比較的高頻度にみられる。
 原因食物となりやすいのは、シラカバなどの花粉症に伴うOASではリンゴ、サクランボ、モモ、イチゴなどのバラ科の果物のほか、セロリやキウイ、メロン、豆乳などが原因となることもある。ラテックスアレルギーに伴うOASの場合では、アボカドやクリ、バナナが比較的特徴的な原因食物として知られている。花粉症やラテックスアレルギーを伴わないOASもある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android