大塔山(読み)おおとうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塔山
おおとうざん

和歌山県南部,田辺市古座川町にある山。紀伊半島南部の主峰。標高 1122m。古第三紀牟婁層群の地質からなる山塊で,日置川古座川および熊野川支流の水源をなす多雨地域。ブナアカガシ原生林があり,国の特別天然記念物のカモシカ生息大塔日置川県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大塔山
おおとうざん

和歌山県南部、田辺(たなべ)市と古座川(こざがわ)町にまたがる山。標高1122メートル。2峰からなり、その間が「大きな撓(たわ)」をなすため大塔の名が出た。地質は第三紀牟婁(むろ)層群。紀伊半島南部の中核をなす山塊で、6平方キロメートル余にわたり、日置(ひき)川、古座川、熊野川支流が放射状に流れ出る。幽霊山などといわれた深山で、頂上付近にはブナ、クルミ、アカガシの原生林が広がり、カモシカが生息する。大塔日置川県立自然公園に指定されている。

[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android