コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科学捜査 カガクソウサ

世界大百科事典 第2版の解説

かがくそうさ【科学捜査】

科学技術を利用した犯罪捜査方法。現行憲法・刑事訴訟法の下で自白供述証拠能力の制限が厳格になったこと,地域社会の崩壊により目撃者からの情報を得にくくなったこと等により,物的証拠の必要性が高まり,その収集のために科学捜査が重視されてきている。科学捜査の担い手は,警察庁に設置されている科学警察研究所警視庁道府県警察本部における科学検査所鑑識課,各警察署における鑑識係であり,犯罪捜査に携わる刑事と協力し,またはその依頼に応じて,物的証拠の追究にあたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かがくそうさ【科学捜査】

物理・化学・医学・生物学など科学的な方法を用いた犯罪の捜査。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

科学捜査
かがくそうさ

犯罪の捜査に、物理学・化学・工学・医学・薬学・生物学などの自然科学のほか、心理学・社会学などの技術・知識を応用した合理的捜査をいう。科学的捜査ともよばれる。科学捜査は以上のような科学技術などの応用のみならず、仮説演繹(えんえき)法などの手法によって、仮説や推理をたて、それを検証するといった方法、態度、思考方法をもって真相を明らかにする捜査でもある。
 新憲法およびそれに基づいた、犯罪捜査の手続を定めた刑事訴訟法が大幅に改正され(1948施行)、それに伴って、自白や供述の証拠能力の制限が厳しくなって、客観的な証拠を総合的に検討し、科学的に判断することにより、犯罪事実を認定する物証主義が重視されるようになった。これに伴って、犯罪捜査は、犯罪現場からの証拠収集およびその鑑定が重要な役割をもつようになった。他方、ますます巧妙化する犯罪に対処し、また、科学技術の進歩・発展により、年々新しく開発される工業製品が日常生活に取り入れられることに伴う証拠物件の多様化に対処するためにも、捜査鑑識技術の研究・開発が鋭意進められている。
 鑑定についても、X線分析、赤外線・紫外線吸光光度法による薬・毒物の分析、ガスクロマトグラフィーによる油類の分析(火災事件の解明などに使用)が応用され、血液分類による個人識別、血痕(けっこん)・体液などからの血液型判定、わずか数センチメートルの毛髪からの血液型の確認なども大きく進歩している。そのほか、うそ発見器を利用した取調べ、写真光学利用のモンタージュ写真作製、カラー写真の捜査鑑識への全面的利用がある。
 また、電子工学・化学を利用した指紋採取方法・装置、コンピュータを利用した盗品捜査・犯罪手口からの犯人割り出しなども広く用いられている。さらに音声(声紋)による個人識別も実用化されている。毛髪中微量成分の分析による個人識別や、発射火薬の中の微量成分の確認による射手鑑別(硝煙反応)も、放射化分析を採用することによって、捜査鑑識に成果をあげている。以上の科学捜査を行うのは、警察庁に設置された科学警察研究所、警視庁・道府県警察本部に設置された科学検査所・鑑識課である。さらに各警察署には鑑識係が置かれ、精密な分析が必要な場合は、科学警察研究所に依頼するなどの処置がとられる。これらの機関は、犯罪捜査にあたっている刑事と協力し、あるいは依頼に応じて、物的証拠の解明に尽くしているのである。
 他方、科学捜査の技術の進歩は、麻酔分析、盗聴などにみられる、個人の尊厳やプライバシーの侵害を招きやすい側面をもち、また、適正手続違反をおこしやすいので、これに対しては、令状主義(逮捕・勾留(こうりゅう)・押収・捜索などの場合、裁判所または裁判官の発する令状を必要とする原則)、証拠能力の制限などにより、行きすぎの是正が図られている。[小松 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

科学捜査の関連キーワードホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~SMOKING GUN~決定的証拠~コンピューターフォレンジックCSI:ニューヨークCSI:マイアミCSI:サイバーDestiny科学捜査研究所島田一男(1)フォレンジック公訴時効撤廃太田 耕人怪奇大作戦川崎 憲蔵科捜研の女坂田久美子菊池いづみ久保田健介大島由莉子古畑 種基

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

科学捜査の関連情報