コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古稀(古希) こき

世界大百科事典 第2版の解説

こき【古稀(古希)】

70歳,またはその祝いのこと。民間でいう年祝の一つであり,長寿祝の算賀,賀寿,〈賀の祝い〉の一種でもある。古代の上流社会では40歳以上を10歳ごとに祝ったが,後に61歳の還暦,88歳の米寿などに変遷したのに対し,70歳の古稀のみ存続した。〈人生七十古来稀〉という説明が,強い印象を与えるからであろう。この句は,杜甫(とほ)の詩の一節である。祝いには,祝宴や贈答がなされる。【平山 和彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の古稀(古希)の言及

【年祝】より

…通過儀礼の一つ。数え年61の還暦,70の古稀,77の喜寿,88の米寿,99の白寿などの〈長寿の祝い〉を総称して賀寿,賀の祝い,あるいは算賀というが,庶民の間ではこれを年祝と呼ぶことが多い。つまり以上の〈長寿の祝い〉が年祝の典型である。…

※「古稀(古希)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone