コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

只見[町] ただみ

2件 の用語解説(只見[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

只見[町]【ただみ】

福島県西部,南会津(みなみあいづ)郡の町。只見川上流の山地を占める。中心の只見は只見川と伊南(いな)川の合流点近くを占め,只見線が通じる。田子倉ダム建設後急速に発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ただみ【只見[町]】

福島県西部,南会津郡の町。人口5804(1995)。会津と越後とを隔てる越後山脈中にあって只見川上流域を占める。面積の大部分を山林が占め,冬季の積雪量が3~5mにも達する日本有数の豪雪地帯である。近世には越後に通じる八十里越六十里越のふもとに会津藩の口留番所が置かれた。中心集落の只見は只見川と伊南(いな)川の合流点にあり,1959年田子倉ダム,61年奥只見ダムの完成によって急速に都市化が進み,奥只見観光の基地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone