コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兜跋毘沙門天 とばつびしゃもんてん

3件 の用語解説(兜跋毘沙門天の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兜跋毘沙門天
とばつびしゃもんてん

仏法を守護する四天王の一つである毘沙門天の一異形。その姿は頭上にクジャクの標幟を示した冠をかぶり,目を大きく見開き,左手に宝塔,右手に鉾,西域風の甲冑を着け,両足は,左右に邪鬼を配した地天女の掌の上に直立不動の姿勢で立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とばつびしゃもんてん【兜跋毘沙門天】

西域の兜跋国に出現したと伝える,特異な形式の毘沙門天像に対する名称。兜跋国とはトゥルファン(吐魯蕃)であるともいわれるが諸説がある。形像は,左手の掌上に小塔をのせ,右手は地に立てた戟(げき)の長い柄をつかみ,地天と二鬼の上に立つ点に関しては通例の毘沙門天像と大差はないが,胴から膝下まで外套のように包む重厚な鎧の形式や,鎖帷子(くさりかたびら)のように緊密に編んだ鎧の素地に特色がある。この像は,中国唐時代に城門楼上に出現して城を守護した伝説(《毘沙門儀軌》)に見られるように,王城鎮護のために城門に安置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とばつびしゃもんてん【兜跋毘沙門天】

毘沙門天の一。唐代に中国の西域に現れ、外敵から国土を守ったという。 〔「兜跋」は吐蕃とばんの転かという〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兜跋毘沙門天の関連キーワード軽皇子松浦佐用姫久米寺昆陽獅噛の兜・獅嚙の兜聞伝える兜跋毘沙門ちゃんと伝えるファンホーヴェの特異点兜跋国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兜跋毘沙門天の関連情報