コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兜跋毘沙門天 とばつびしゃもんてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兜跋毘沙門天
とばつびしゃもんてん

仏法を守護する四天王の一つである毘沙門天の一異形。その姿は頭上にクジャクの標幟を示した冠をかぶり,目を大きく見開き,左手に宝塔,右手に鉾,西域風の甲冑を着け,両足は,左右に邪鬼を配した地天女の掌の上に直立不動の姿勢で立つ。この天王は,西域トゥルファン (吐魯番) に化現したもので,のち唐に伝わったという。日本では,空海最澄が唐から将来して平安京羅城門上に安置し,今日では教王護国寺毘沙門堂に安置されている同像 (国宝) が古い。その後日本で制作されたものはこの像を手本とし,京都嵯峨の棲霞寺,滋賀の善水寺,福岡の観世音寺などのものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とばつびしゃもんてん【兜跋毘沙門天】

西域の兜跋国に出現したと伝える,特異な形式の毘沙門天像に対する名称。兜跋国とはトゥルファン(吐魯蕃)であるともいわれるが諸説がある。形像は,左手の掌上に小塔をのせ,右手は地に立てた戟(げき)の長い柄をつかみ,地天と二鬼の上に立つ点に関しては通例の毘沙門天像と大差はないが,胴から膝下まで外套のように包む重厚な鎧の形式や,鎖帷子(くさりかたびら)のように緊密に編んだ鎧の素地に特色がある。この像は,中国唐時代に城門楼上に出現して城を守護した伝説(《毘沙門儀軌》)に見られるように,王城鎮護のために城門に安置された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とばつびしゃもんてん【兜跋毘沙門天】

毘沙門天の一。唐代に中国の西域に現れ、外敵から国土を守ったという。 〔「兜跋」は吐蕃とばんの転かという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兜跋毘沙門天の関連キーワード香川県三豊市高瀬町下勝間岩手県奥州市江刺区藤里愛知県岡崎市桜井寺町教王護国寺境内南足柄(市)奥州市花巻市東和江刺東寺吐蕃

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兜跋毘沙門天の関連情報