各・各々(読み)おのおの

精選版 日本国語大辞典「各・各々」の解説

おの‐おの【各・各々】

[1] 〘名〙 多くのものそれぞれ。めいめい。各自
※伊勢物語(10C前)八六「いと若き男、若き女をあひいへりけり。をのをの親ありければ、つつみていひさしてやみにけり」
[2] 〘代名〙 対称多人数に向かって呼びかける語。皆さん。あなたがた。
平家(13C前)三「是御覧ぜよ、をのをの」
[語誌](1)中世初期の軍記物語あたりから対称代名詞用法が生じ、中世後期の狂言・キリシタン資料などにも丁寧な表現として使われている。
(2)近世に入るとやや固苦しい表現となり、対称代名詞の用法も丁重な物言い武士の改まった表現として使われることが多く、代名詞としては近代には廃れた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android