コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古人大兄皇子 ふるひとのおおえのおうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古人大兄皇子
ふるひとのおおえのおうじ

[生]?
[没]大化1(645).吉野?
舒明天皇の皇子。略して古人皇子。母は蘇我馬子の娘法提郎媛 (ほていのいらつめ) 。中大兄皇子 (天智天皇) ,大海人皇子 (天武天皇) の異母兄弟。蘇我入鹿の従兄弟で,中大兄皇子一派と対立する立場にあった。皇極2 (643) 年蘇我氏は古人皇子を皇位継承者とするため,山背大兄王と対抗し,自害させた。この蘇我氏の専断も,大化1 (645) 年の蝦夷 (えみし) ,入鹿誅滅で終り (→大化改新 ) ,皇極天皇は譲位の際中大兄皇子を,中大兄皇子は軽皇子 (孝徳天皇) を,軽皇子は古人皇子を推したが,蘇我氏なきあとの古人皇子は,これを固辞して出家し吉野に入り,皇嗣は軽皇子に定まった。のち古人皇子は反大化改新派の人々と謀反をはかったかどで殺された。改新の犠牲となった最初の皇族。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふるひとのおおえ‐の‐おうじ〔ふるひとのおほえ‐ワウジ〕【古人大兄皇子】

[?~645]舒明天皇の皇子。母は蘇我馬子の娘。蘇我氏滅亡後、異母弟の中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)(天智天皇)と対立し、皇位を軽皇子(かるのみこ)(孝徳天皇)に譲り、出家して吉野山に入ったが、のち、謀反のかどで殺された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古人大兄皇子 ふるひとのおおえのおうじ

?-645 飛鳥(あすか)時代,舒明(じょめい)天皇の皇子。
母は蘇我法提郎媛(そがの-ほほてのいらつめ)。古人大市(おおちの)皇子,吉野太子などともいう。蘇我入鹿(いるか)に皇位継承を期待されていたが,蘇我本宗家の滅亡により,出家して吉野にこもる。吉備笠垂(きびのかさの-しだる)に謀反をはかったと密告され,大化(たいか)元年9月12日(一説に11月30日)中大兄皇子の兵に殺された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

古人大兄皇子

没年:大化1(645)
生年:生年不詳
古人大市皇子とも呼ばれ,吉野太子とも記される。舒明天皇と法提郎媛(蘇我馬子の娘)の子。天智・天武両天皇の異母兄弟。7世紀中ごろの皇位継承資格を持つ有力皇子。大和国城上郡大市郷(天理市柳本から桜井市)に皇子宮を営む。蘇我系の皇子として皇位の継承を期待されたが,蘇我本宗家の滅亡後,身の危険を感じて即位の要請を辞退。吉野山に入って数カ月後,吉備笠垂 の密告により,「謀反」の疑いをかけられ殺害された。<参考文献>門脇禎二『「大化改新」論―その前史の研究―』,荒木敏夫『日本古代の皇太子』

(荒木敏夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふるひとのおおえのみこ【古人大兄皇子】

?‐645(大化1)
舒明天皇の皇子。母は蘇我馬子の女の法提郎女(ほてのいらつめ)。その女の倭姫王(やまとひめのおう)は天智天皇の皇后となった。またの名を古人大市皇子,吉野太子などといった。643年(皇極2)11月,蘇我入鹿(いるか)が聖徳太子の子山背(やましろ)大兄王を斑鳩(いかるが)に襲おうとしたとき,皇子は入鹿がみずから行くことを言外に止めたため,入鹿は軍兵のみを送って王を自殺させた。645年6月,皇子が大極殿(だいごくでん)に侍し,皇極天皇が三韓からの使者と会ったとき,中大兄皇子と藤原鎌足らはその面前で入鹿を殺した(乙巳(いつし)の変)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古人大兄皇子
ふるひとのおおえのおうじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

古人大兄皇子の関連キーワード蘇我倉山田石川麻呂山背大兄王佐伯子麻呂門脇禎二あすか法親王登山

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android