吉田喜重(読み)よしだよししげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田喜重(よしだよししげ)
よしだよししげ
(1933― )

映画監督。昭和8年2月16日、福井県福井市生まれ。1947年(昭和22)、東京に移住。1955年、東京大学文学部フランス文学科卒業。同年、松竹大船撮影所に助監督として入社。木下恵介(けいすけ)監督に師事。1960年『ろくでなし』で監督デビュー。同年『血は渇いてる』、1961年『甘い夜の果て』を撮り、斬新な作風をみせる。1962年『秋津温泉』を岡田茉莉子(まりこ)の企画・主演で撮り、高い評価を得る。次いで『嵐を呼ぶ十八人』(1963)、『日本脱出』(1964)を公開。後者の最終巻を会社に無断カットされたことを機に、同年8月、岡田と結婚後に松竹を退社。1966年、現代映画社を創立、岡田主演で、女性映画『女のみづうみ』(1966)、『情炎』『炎と女』(1967)、『樹氷のよろめき』(1968)を連作する。1970年、無政府主義者、大杉栄(さかえ)の女性関係を時空を交錯させて描く『エロス+(プラス)虐殺』を公開し、話題となる。『煉獄(れんごく)エロイカ』(1970)、『告白的女優論』(1971)の実験を経て、北一輝(きたいっき)と二・二六事件を描く『戒厳令』(1973)で映画的表現の頂点を極める。1974年から1977年までテレビ美術番組『美の美』を製作。1986年に『人間の約束』で、13年ぶりに劇映画に復帰。1988年に『嵐が丘』、2002年(平成14)に『鏡の女たち』を監督し、再度注目される。[坂尻昌平]

資料 監督作品一覧

ろくでなし(1960)
血は渇いてる(1960)
甘い夜の果て(1961)
秋津温泉(1962)
嵐を呼ぶ十八人(1963)
日本脱出(1964)
水で書かれた物語(1965)
女のみづうみ(1966)
情炎(1967)
炎と女(1967)
樹氷のよろめき(1968)
さらば夏の光(1968)
エロス+虐殺(1970)
煉獄エロイカ(1970)
告白的女優論(1971)
戒厳令(1973)
BIG-1物語 王貞治(1977)
狂言師 三宅藤九郎(1985)
人間の約束(1986)
嵐が丘(1988)
鏡の女たち(2002)
『吉田喜重著『自己否定の論理・想像力による変身』(1970・三一書房) ▽吉田喜重著『見ることのアナーキズム――吉田喜重映像論集』(1971・仮面社) ▽吉田喜重著『メヒコ 歓ばしき隠喩』(1984・岩波書店) ▽吉田喜重・山口昌男他編『映画伝来――シネマトグラフと〈明治の日本〉』(1995・岩波書店) ▽吉田喜重著『小津安二郎の反映画』(1998・岩波書店) ▽『ユリイカ 4月臨時増刊号 総特集 吉田喜重』(2003・青土社) ▽四方田犬彦編『吉田喜重の全体像』(2004・作品社) ▽蓮實重彦編、吉田喜重著『吉田喜重変貌の倫理』(2006・青土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田喜重の関連情報