コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名寄[市](読み)なよろ

百科事典マイペディアの解説

名寄[市]【なよろ】

北海道中北部の市。1956年市制。名寄盆地の中心都市で宗谷本線が通じる。モチ米,ジャガイモ,テンサイを産し,酪農も行われる。製酪,段ボール中心原紙を主としたパルプなどの工場がある。全国に5ヵ所あるうちの一つ,薬用植物栽培試験場があり,約200種を試験栽培している。2006年3月上川郡風連町を編入。535.20km2。3万591人(2010)。
→関連項目名寄盆地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なよろ【名寄[市]】

北海道北部の市。1956年市制。人口3万8749(1995)。名寄盆地の中心地で,天塩川と支流名寄川の合流点に市街が発達する。地名はアイヌ語の〈ナイオロプト(渓流に注ぐ口)〉の転訛。1900年士別~名寄間の道路が開通し,山形県人らの集団移住により開拓が始まった。03年鉄道(現,宗谷本線)が旭川から名寄まで開通し,農産物や木材を鉄道によって本州や道央・道南の市場に供給できるようになった。その後木材・木製品,食料品などの製造業が盛んになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android