コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名瀬[市] なぜ

百科事典マイペディアの解説

名瀬[市]【なぜ】

鹿児島県奄美大島の北東部を占める旧市。1946年市制。鹿児島藩代官所を置いて以来奄美諸島(2010年3月より奄美群島)の中心地として発達。中心市街は北西岸の湾奥にあり,沖縄,鹿児島,阪神へ直通航路が通じる貿易港で,島内交通,諸島内航路の中心。特産に大島紬(つむぎ)があるが近年は低迷,代わって観光開発が進展。2006年3月,大島郡笠利町,住用村と合併し市制,奄美市となる。127.52km2。4万1922人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なぜ【名瀬[市]】

鹿児島県奄美(あまみ)大島の北部を占める市。1946年市制。人口4万4343(1995)。北に向かって開ける名瀬湾の名瀬港を核に市街地が発達する。1720年(享保5)薩摩藩が奄美諸島での糖業経営のため代官所を置き,以後諸島の政治,経済の中心となった。1875年大島支庁設置,第2次大戦後は一時アメリカ軍政下にあった。1953年日本に復帰し,再び支庁が置かれた。最も重要な産業は大島紬の生産で,問屋も集中して流通の中心ともなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

名瀬[市]の関連キーワード奄美市

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android