名瀬[市](読み)なぜ

百科事典マイペディアの解説

名瀬[市]【なぜ】

鹿児島県奄美大島の北東部を占める旧市。1946年市制鹿児島藩が代官所を置いて以来奄美諸島(2010年3月より奄美群島)の中心地として発達。中心市街は北西岸の湾奥にあり,沖縄,鹿児島阪神へ直通航路が通じる貿易港で,島内交通,諸島内航路の中心。特産大島紬(つむぎ)があるが近年は低迷,代わって観光開発が進展。2006年3月,大島笠利町,住用村と合併し市制,奄美市となる。127.52km2。4万1922人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なぜ【名瀬[市]】

鹿児島県奄美(あまみ)大島北部を占める市。1946年市制。人口4万4343(1995)。北に向かって開ける名瀬湾の名瀬港を核に市街地が発達する。1720年(享保5)薩摩藩が奄美諸島での糖業経営のため代官所を置き,以後諸島の政治,経済の中心となった。1875年大島支庁設置,第2次大戦後は一時アメリカ軍政下にあった。1953年日本に復帰し,再び支庁が置かれた。最も重要な産業は大島紬の生産で,問屋も集中して流通の中心ともなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報