コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安塚 やすづか

2件 の用語解説(安塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安塚
やすづか

新潟県南西部,上越市東部の旧町域。東頸城丘陵にある。 1955年町制。 2005年上越市に編入。中心集落の安塚は長野県境の菱ヶ岳 (1129m) より発する保倉川の支流小黒川に沿って,南北に長い町並みを形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安塚
やすづか

新潟県南西部、東頸城(ひがしくびき)郡にあった旧町名(安塚町(まち))。現在は上越(じょうえつ)市の南東部を占める一地区。1955年(昭和30)小黒(こぐろ)、菱里(ひしざと)の2村を合併、町制施行。2005年(平成17)、柿崎(かきざき)町、大潟(おおがた)町、吉川(よしかわ)町、板倉(いたくら)町、名立(なだち)町、浦川原(うらがわら)村、大島(おおしま)村、牧(まき)村、頸城(くびき)村、中郷(なかごう)村、清里(きよさと)村、三和(さんわ)村とともに、上越市に編入。旧町域は、南を長野県飯山市に接する県内有数の豪雪地帯であり、中央を小黒川が流れる。国道403号、405号が通じる。中世、上杉謙信の関東進出路として有名な松之山(まつのやま)街道の要衝で、直峰(なおみね)城跡が残り、直峰松之山大池県立自然公園に指定されている。近代は東頸城の郡役所が置かれた。東頸(とうけい)傾動山地の保倉(ほくら)川の支流小黒川渓谷の棚田に依存する山村で、黄柏(おうばく)エキスから精製される胃腸薬「百草円」が特産である。[山崎久雄]
『『安塚町誌』(1976・安塚町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安塚の関連キーワード浦川原〈村〉新潟県上越市頸城区鵜ノ木新潟県上越市頸城区潟新潟県上越市頸城区片津新潟県上越市頸城区諏訪新潟県上越市頸城区手宮新潟県上越市頸城区並木牧〈村〉松之山〈町〉安塚〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安塚の関連情報