コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周仏海 しゅうふつかい Zhou Fu-hai

8件 の用語解説(周仏海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周仏海
しゅうふつかい
Zhou Fu-hai

[生]光緒23(1897).湖南・沅陵
[没]1948.2.28. 南京
中国の政治家。京都帝国大学経済学部を卒業。日本留学中の 1921年7月中国共産党一全大会に留日代表として出席したが,まもなく転向し,24年帰国。大学教授を経て,26年の北伐には国民革命軍総司令部に勤務。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ふつかい〔シウ‐〕【周仏海】

[1897~1948]中国の政治家。湖南省の人。日本留学後、国民党中央執行委員。のち、汪兆銘とともに重慶を脱出して南京政府の樹立に参加。第二次大戦後、戦犯として逮捕され、獄死。チョウ=フォウハイ。

チョウ‐フォウハイ【周仏海】

しゅうふつかい(周仏海)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

周仏海【しゅうふっかい】

中国の政治家。湖南省の人。日本留学中に中国共産党に入党したが,まもなく転向,1924年国民党入党。三民主義の理論家として重きをなす一方,政府の要職を歴任した。1938年末汪兆銘と重慶を脱出し,傀儡(かいらい)政権新国民政府の要職についた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

周仏海 しゅう-ふつかい

1897-1948 中国の政治家。
光緒23年生まれ。日本留学中の1921年中国共産党創立大会に参加。京都帝大を卒業し,1924年帰国。国民党にくわわり,広東大などの教授となり,中央執行委員などを歴任。1940年汪兆銘(おう-ちょうめい)らと南京に親日政権をつくり,行政院副院長などをつとめる。第二次大戦後,戦犯として逮捕され,1948年2月28日獄死。52歳。福建省出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうふつかい【周仏海 Zhōu Fú hǎi】

1897‐1948
中国,現代の政治家。湖南省沅陵県人。日本の京都大学経済学部卒業,在学中1921年7月の中国共産党創立会議(第1回大会)に参加し,初期には書記代理に任ずるなど重要な役割を果たしたがまもなく転向,国民党に入党,広東大学,上海大夏大学教授となり,三民主義の論客として有名になった。29年国民政府訓練総監部政治訓練処長,37年国民党中央党部宣伝部長などを歴任したが,39年汪精衛らと南京に親日和平政権を樹立,戦後漢奸として逮捕され,獄死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅうふつかい【周仏海】

1897~1948) 中国国民党の理論家。日中戦争中、汪兆銘と対日和平を画策、戦後捕らえられ獄死。著「三民主義の理論的体系」など。チョウ=フォーハイ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周仏海
しゅうふつかい / チョオフーハイ
(1897―1948)

中華民国の政治家。湖南(こなん)省辰州(しんしゅう)県の人。京都大学経済学部卒業。在学中、留日代表として中国共産党第1回全国代表大会に出席したといわれる。まもなく脱党。1924年帰国後、国民党内で宣伝、理論活動に従事した。1935年同党第5期中央執行委員。日中戦争勃発(ぼっぱつ)後、汪兆銘(おうちょうめい)と行をともにし、傀儡(かいらい)政権南京(ナンキン)国民政府で財政部長などの要職についたが、日本の敗戦後逮捕され、獄死した。主著に『三民主義之理論体系』がある。[石島紀之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周仏海の関連キーワード曽国藩沅江湖南省彭徳懐蒼梧呂振羽桓寛山濤白鳥令譚延闓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone