コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲多[町] てつた

百科事典マイペディアの解説

哲多[町]【てつた】

岡山県北西部,阿哲郡の旧町。高梁(たかはし)川の支流本郷川の東部にある。中心の本郷は吉岡銅山の採掘用鉄具製造の鍛冶屋町として発達。米作,林業,石灰石の採掘,和牛飼育が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てつた【哲多[町]】

岡山県北西部,阿哲郡の町。人口4122(1995)。吉備高原北端,高梁(たかはし)川の支流本郷川流域に位置し,町域西端には高原上に突起した火山錐の残丘,荒戸山,高山がみられる。中心の本郷は旧伯州吹屋街道沿いに形成された集落で,吉岡鉱山へ採掘用具を供給する鍛冶屋町,山陰と山陽を結ぶ物資の交易地として栄えた。農林業が基幹産業で,米作のほかにトマト栽培,和牛飼育などが行われる。秩父小野田(旧,小野田セメント)の石灰石採掘場があり,北接する新見市への通勤者も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android