コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯円(1) ゆいえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唯円(1) ゆいえん

1222-1289 鎌倉時代の僧。
貞応(じょうおう)元年生まれ。浄土真宗。親鸞(しんらん)の弟子で「歎異抄(たんにしょう)」の著者とされる。常陸(ひたち)(茨城県)河和田(かわだ)に報仏寺をひらく。鳥喰(とりばみ)の唯円と区別され,河和田の唯円とよばれる。正応(しょうおう)元年京都で覚如(かくにょ)の教義上の質問にこたえた。また覚如の叔父唯善を浄土真宗に改宗させたという。正応2年2月6日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

唯円(1)の関連キーワード鎌倉時代貞応

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android