コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯円(1) ゆいえん

1件 の用語解説(唯円(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唯円(1) ゆいえん

1222-1289 鎌倉時代の僧。
貞応(じょうおう)元年生まれ。浄土真宗。親鸞(しんらん)の弟子で「歎異抄(たんにしょう)」の著者とされる。常陸(ひたち)(茨城県)河和田(かわだ)に報仏寺をひらく。鳥喰(とりばみ)の唯円と区別され,河和田の唯円とよばれる。正応(しょうおう)元年京都で覚如(かくにょ)の教義上の質問にこたえた。また覚如の叔父唯善を浄土真宗に改宗させたという。正応2年2月6日死去。68歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

唯円(1)の関連キーワード貞応三条公親建部清綱長遍珍誉中院通成波木井実長北条時広祐尊(1)良印(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone