唯円(1)(読み)ゆいえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唯円(1) ゆいえん

1222-1289 鎌倉時代の僧。
貞応(じょうおう)元年生まれ。浄土真宗親鸞(しんらん)の弟子で「歎異抄(たんにしょう)」の著者とされる。常陸(ひたち)(茨城県)河和田(かわだ)に報仏寺をひらく。鳥喰(とりばみ)の唯円と区別され,河和田の唯円とよばれる。正応(しょうおう)元年京都で覚如(かくにょ)の教義上の質問にこたえた。また覚如の叔父唯善を浄土真宗に改宗させたという。正応2年2月6日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android