啓蟄・驚蟄(読み)けいちつ

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐ちつ【啓蟄・驚蟄】

〘名〙 (「ちつ」は「蟄(ちゅう)」の慣用読み)
冬ごもりが地中からはい出ること。また、その虫。蟄虫。
※川端茅舎句集(1934)「啓蟄を啣(くわ)へて雀飛びにけり」
② 二十四気の一つ。陰暦二月の節気太陽暦の三月五日頃にあたる。《季・春》
延喜式(927)一六「撃閉諸門〈略〉起雨水十日、至驚蟄二日
※五百句(1937)〈高浜虚子〉昭和六年「蜥蜴以下啓蟄の虫くさぐさなり」 〔春秋左伝‐桓公五年〕
③ (①から転じて) 世に認められること。〔文明本節用集(室町中)〕
[補注]この語が季語として用い始められたのは、近代俳句、とりわけ虚子以降のことである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android