コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭痙攣 コウトウケイレン

2件 の用語解説(喉頭痙攣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐けいれん【喉頭××攣】

声帯付近の筋肉が痙攣(けいれん)し、一時的に呼吸ができなくなること。食物や異物による刺激・ストレス・溺水・麻酔下での気管挿管や抜管などが原因となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喉頭痙攣
こうとうけいれん

発作的な痙攣によって声門が閉鎖し、呼吸困難に陥ること。声門痙攣ともいう。声門閉鎖筋が攣縮(れんしゅく)し、換気不能から窒息状態に陥りチアノーゼをきたすため、迅速に対処しないと死に至ることもある。一般に、気管内にチューブを挿入して麻酔を行う際に麻酔深度が浅い状態で喉頭に刺激を受けたり、麻酔後の覚醒(かくせい)が不十分な状態で抜管したときなどに起こることが知られている。敏感な人の場合、食物や異物などにより喉頭が刺激を受けるだけで、過剰な防御反応により声帯が内転、声門が痙攣して閉鎖し、呼吸のできない状態が数分持続することもある。ほかに溺水(できすい)による気道閉塞(へいそく)および破傷風やテタニーの一徴候としても起こる。また神経過敏な人が不意の刺激に反応して発症する心因性のものもある。サクシニルコリン(スキサメトニウム)などの筋弛緩(しかん)薬を投与することで緩和できるが、気管内挿管あるいは緊急な気道確保が必要となることもある。突然、症状が現れることも考えられるため、神経過敏な患者に対しては事前に精神安定薬を投与するなど心身の安定に配慮する必要がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喉頭痙攣の関連キーワードけいれん亜酸化窒素痙攣腓腹筋痙攣眼瞼痙攣痙攣性発声障害咬痙膣痙攣痙攣/痺れ/麻痺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone