コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四つの自由 よっつのじゆうFour Freedoms

翻訳|Four Freedoms

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四つの自由
よっつのじゆう
Four Freedoms

1941年1月6日アメリカの F.ルーズベルト大統領が一般教書のなかで表明した民主主義の原則で,(1) 表現の自由,(2) 信仰の自由,(3) 欠乏からの自由 (平和的生活を保障する経済上の相互理解) ,(4) 恐怖からの自由 (軍縮による侵略手段の除去) の4つの自由。ニューディール初期のルーズベルトの外交基本方針は,ラテンアメリカ諸国を除いて国外不干渉であったが,37年 10月5日の「隔離演説」 (防疫演説) 以来,ルーズベルトの外交方針は従来の孤立主義から国際紛争に対する積極的介入へと徐々に変化しつつあった。しかし,アメリカ国民の間の根強い孤立主義的な傾向から強い反対が出ることを予想して,ルーズベルトは民主主義の原則を提示しながら連合国援助の必要性を強調した。その結果,41年3月には 70億ドルにのぼる武器貸与法が議会で可決された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

よっつのじゆう【四つの自由】

F = D =ルーズベルトが1941年の年頭教書で主張した言葉。言論の自由・信教の自由・欠乏からの自由・恐怖からの自由の四つ。大西洋憲章・国際連合憲章の基礎となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四つの自由
よっつのじゆう
Four Freedoms

アメリカの第32代大統領F・D・ルーズベルトが、1941年1月6日の年頭教書で述べた内容で、「言論および表現の自由、信仰の自由、欠乏からの自由、恐怖からの自由」のことをいう。これは、将来の世界像の基礎となるべきものとして提示され、年頭教書においては、これらの目的のためにアメリカがファシズム諸国の侵略に対する「民主主義の兵器廠(しょう)」となるべきことが強調された。[藤本 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の四つの自由の言及

【第2次世界大戦】より

…ことに40年ドイツが勝利を重ね,日本の動きも活発になるに従い,これらの国々への姿勢も厳しくなっていった。41年1月ローズベルトは年頭教書において,言論・表現の自由,神を敬う自由,欠乏からの自由,恐怖からの自由という〈四つの自由〉を〈戦うに値する事物〉と説くと同時に,デモクラシーの兵器廠となることを宣言した。3月武器援助を可能とする武器貸与法が成立し,イギリスとの協力関係も軍事作戦の面で密接になっていった。…

※「四つの自由」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四つの自由の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)国際連合憲章ロックウェル世界人権宣言EU誕生藤本信教四つ

四つの自由の関連情報