国東(市)(読み)くにさき

  • 国東

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分県北東部、国東半島東部に位置する市。2006年(平成18)、東(ひがし)国東郡国見町(くにみちょう)、国東町、武蔵町(むさしまち)、安岐町(あきまち)が合併して市制施行、国東市となった。市名は古代以来の国東(国埼、国前、国崎などとも記す)郡の郡名による。国東半島中央部の両子(ふたご)山群の山々を境に西から南は豊後高田(ぶんごたかだ)市、杵築(きつき)市に接し、北から東は周防(すおう)灘に面する。西部の山地は放射状に谷々を刻んで、伊美(いみ)川、田深(たぶか)川、安岐(あき)川などが流下し、海岸部に小平野をつくる。半島を回る国道213号が海岸近くを通り、南東部の海上に突き出て大分空港があり、大分空港道路が通る。空港と東京羽田、成田、名古屋中部、大阪伊丹、韓国ソウル、台湾台中との間に便がある。竹田津(たけだつ)―山口県周南(しゅうなん)市徳山(とくやま)間と伊美―姫(ひめ)島間にはフェリーが就航。

 旧石器時代の伊予野原遺跡(いよのはる)、姫島産黒曜石が多量に出土した縄文時代の羽田遺跡(はだいせき)など、注目される遺跡が多い。装飾壁画をもつ鬼塚古墳(おにづかこふん)は国指定史跡。古代国埼(くにさき)郡の郡津であったとみられる「国埼津」(田深川の河口に所在か)は海上交通の要地であった。奈良―平安時代、豊前宇佐宮(宇佐神宮)がその地位を高めるに伴い、市域には宇佐宮、および宇佐宮神宮寺の弥勒(みろく)の所領として武蔵郷、安岐郷、竹田津荘、伊美荘などが成立。古代から中世にかけて、国東半島には宇佐宮、弥勒寺の末社、末寺(天台宗)が多数建立され、のちに六郷満山(ろくごうまんざん)とよばれる独特の仏教文化が栄えた。鎌倉期以降、宇佐宮領や六郷満山にも武士の勢力が及び、竹田津氏・伊美氏・岐部氏などは豊後守護大友氏の浦部衆として活躍。14世紀になると大友氏の一族田原氏や、家臣富来(とみく)氏が勢力を振った。豊臣政権下で1594年(文禄3)熊谷氏が安岐城に、垣見氏が富来城に入るが、関ヶ原合戦後は細川忠興に与えられた。江戸時代には、杵築藩領であった村が多く、一部は同藩分知領、幕府領。武蔵川河口の古市(ふるいち)湊、富来湊などは、七島(しちとう)莚の売買、輸出港として栄えた。

 現在の基幹産業は農業で、イチゴ、メロン、ミカン、キウイフルーツ、ミニトマト、ネギ、シイタケ、山芋などの果樹・野菜栽培が盛ん。漁業ではタチウオ、クルマエビなどが特産。瀬戸内海国立公園に含まれる自然景観、国の重要文化財に指定される照恩寺(しょうおんじ)、岩戸寺(いわとうじ/いわとじ)、長木家旧墓地、朝来(あさく)の各宝塔(国東塔)、泉福寺(せんぷくじ)の開山(かいざん)堂など、六郷満山の文化遺産を中心とした多くの文化財に恵まれており、観光開発にも力が注がれている。武蔵町吉広(よしひろ)の楽庭(がくにわ)八幡社に奉納される吉弘楽(よしひろがく)、岩戸寺や成仏寺(じょうぶつじ)の修正鬼会は国の重要無形民俗文化財。江戸中~後期の哲学者で豊後三賢の一人、三浦梅園の旧宅は国指定史跡。面積318.08平方キロメートル、人口2万8647(2015)。

[編集部]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国東(市)の関連情報