コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均等名 きんとうみょう

3件 の用語解説(均等名の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均等名
きんとうみょう

ほぼ均等な面積の名田によって荘園が構成されている場合,これを均等名荘園と呼んだ。均等名成立の理由については諸説あるが,均等な課役賦課の基礎単位として荘園領主によって編成されたとする説が有力である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんとうみょう【均等名】

荘園の田地は,名田部分と,荒田,給田,屋敷地等の年貢が荘園領主に入らない除田部分と,荘園領主が直接作人を決定し原則として公事(雑役)のかからない一色田部分とから成るのが普通である。名田部分はいくつかに分けられ,それぞれ名主が年貢,公事を荘園領主に納めるが,この名田部分が均等に分割されているのがいわゆる均等名である。均等名は,完全に均等な名田構成をとるもの(完全均等名)と,ほぼ均等な名田構成をとるもの(不完全均等名)とに分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

均等名
きんとうみょう

平安末期から鎌倉時代の荘園でみられる、1~2、3町前後のほぼ均等な規模に編成された名。均等名からなる荘園が均等名荘園である。均等名荘園は、畿内(きない)の雑役免(ぞうやくめん)系荘園に多くみられ、畿内荘園の特色といわれる。なお均等名といっても、それぞれの名を構成する各耕地片はまとまって存在したのではなく、散在的であった。また均等名は、完全に均等な名田構成をとる完全均等名と、そうでない不完全均等名とに分けられる。均等名は荘園領主が均等な公事(くじ)(雑役)・夫役(ぶやく)収取を行う便宜からつくられたとするのが通説。大乗院領大和国出雲(いずも)荘・若槻(わかつき)荘、一乗院領大和国池田荘、久我(こが)家領山城国久我荘などが有名。[奥野中彦]
『渡辺澄夫著『増訂 畿内庄園の基礎構造』上下(1969、1970・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

均等名の関連キーワード請作間田検田使自墾地系荘園田部名田賑給田墾田地系荘園田中豊益《荘園の発達》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone