コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均等名 きんとうみょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均等名
きんとうみょう

ほぼ均等な面積名田によって荘園が構成されている場合,これを均等名荘園と呼んだ。均等名成立の理由については諸説あるが,均等な課役賦課の基礎単位として荘園領主によって編成されたとする説が有力である。均等名といっても完全均等名は少く,相当の面積差のあるもののほうが一般的であるが,標準名より過大なものは2名以上に解体し,過小なものは複合的名を形成することなどによって均等名を編成した。これが現れてくるのは平安時代末期~鎌倉時代初期あたりからであり,その分布は大和に集中してみられ,その他山城,伊勢,近江,若狭,摂津,河内などにも存在したことが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんとうみょう【均等名】

荘園の田地は,名田部分と,荒田,給田,屋敷地等の年貢が荘園領主に入らない除田部分と,荘園領主が直接作人を決定し原則として公事(雑役)のかからない一色田部分とから成るのが普通である。名田部分はいくつかに分けられ,それぞれ名主が年貢,公事を荘園領主に納めるが,この名田部分が均等に分割されているのがいわゆる均等名である。均等名は,完全に均等な名田構成をとるもの(完全均等名)と,ほぼ均等な名田構成をとるもの(不完全均等名)とに分けられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

均等名
きんとうみょう

平安末期から鎌倉時代の荘園でみられる、1~2、3町前後のほぼ均等な規模に編成された名。均等名からなる荘園が均等名荘園である。均等名荘園は、畿内(きない)の雑役免(ぞうやくめん)系荘園に多くみられ、畿内荘園の特色といわれる。なお均等名といっても、それぞれの名を構成する各耕地片はまとまって存在したのではなく、散在的であった。また均等名は、完全に均等な名田構成をとる完全均等名と、そうでない不完全均等名とに分けられる。均等名は荘園領主が均等な公事(くじ)(雑役)・夫役(ぶやく)収取を行う便宜からつくられたとするのが通説。大乗院領大和国出雲(いずも)荘・若槻(わかつき)荘、一乗院領大和国池田荘、久我(こが)家領山城国久我荘などが有名。[奥野中彦]
『渡辺澄夫著『増訂 畿内庄園の基礎構造』上下(1969、1970・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

均等名の関連キーワード佐保田荘太良荘若槻荘出雲荘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android