コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋み火 ウズミビ

デジタル大辞泉の解説

うずみ‐び〔うづみ‐〕【埋み火】

炉や火鉢などの灰にうずめた炭火。いけ火。 冬》「―もきゆやなみだの烹(にゆ)る音/芭蕉
[補説]書名別項。→埋み火

うずみび【埋み火】[書名]

杉本苑子長編小説副題近松門左衛門の生涯」。昭和49年(1974)、上下2巻で刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うずみび【埋み火】

灰の中にうずめた炭火。いけ火。 [季] 冬。 《 -や壁には客の影ぼふし /芭蕉 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

埋み火の関連キーワードベロー(Saul Bellow)古宇田 ふみ古宇田ふみ高原 駿雄埋み灰占

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埋み火の関連情報