コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種火 タネビ

デジタル大辞泉の解説

たね‐び【種火】

いろりなどで、いつでも火がおこせるように残しておく少しの火。また、ガス器具などで、いつでも点火できるようにつけておく小さい火。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たねび【種火】

いつでも火がおこせるように、またガス器具などですぐ着火できるように、用意しておく小さな火。 「囲炉裏に-を残す」 「ガス風呂の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

種火の関連キーワード支笏洞爺国立公園カミントン閃石カラシニコフフッ素燐灰石防弾チョッキ普通角閃石チタン鉄鉱東住吉事件岩石成因論パイロット灰鉄輝石十字沸石チタン石埋け込む紫蘇輝石黒雲母磁鉄鉱囲炉裏角閃石いろり

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種火の関連情報