コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種火 タネビ

デジタル大辞泉の解説

たね‐び【種火】

いろりなどで、いつでも火がおこせるように残しておく少しの火。また、ガス器具などで、いつでも点火できるようにつけておく小さい火。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たねび【種火】

いつでも火がおこせるように、またガス器具などですぐ着火できるように、用意しておく小さな火。 「囲炉裏に-を残す」 「ガス風呂の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

種火の関連キーワード支笏洞爺国立公園カミントン閃石防弾チョッキカラシニコフフッ素燐灰石パイロット岩石成因論東住吉事件チタン鉄鉱普通角閃石灰鉄輝石十字沸石埋け込む紫蘇輝石チタン石磁鉄鉱いろり火山岩角閃石緑泥石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種火の関連情報