コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城崎温泉 きのさきおんせん

5件 の用語解説(城崎温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城崎温泉
きのさきおんせん

兵庫県北部,豊岡市にある温泉。円山川の支流大谿川 (おおひろがわ) 両岸に位置。単純泉,食塩泉で泉温は 40~75℃。婦人病に効能があるといわれる。共同浴場が周辺各地に設けられ,外湯中心の温泉地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きのさき‐おんせん〔‐ヲンセン〕【城崎温泉】

兵庫県北部、豊岡市にある温泉。志賀直哉有島武郎ら文人が逗留した。泉質は塩化物泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きのさきおんせん【城崎温泉】

兵庫県北東部、豊岡市城崎町の温泉。円山川支流大谿おおたに川沿いにある。食塩泉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕城崎温泉(きのさきおんせん)


兵庫県豊岡(とよおか)市北部、円山(まるやま)川支流の大谿(おおたに)川沿いにわく行楽・保養向きの温泉。奈良時代の発見といわれる古湯で、関西を代表する大温泉。6ヵ所の外湯巡りができる。志賀直哉(しがなおや)『城の崎にて』の舞台。温泉街周辺には城崎町文芸館や温泉寺・極楽(ごくらく)寺などの古刹(こさつ)がある。北3kmの城崎マリンワールドは日本海に臨むレジャーランド。南4kmの玄武(げんぶ)洞は国指定天然記念物で柱状節理(ちゅうじょうせつり)が美しい。ナトリウムマグネシウム(・カルシウム)‐塩化物泉。泉温75℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

城崎温泉
きのさきおんせん

兵庫県北部の豊岡(とよおか)市にある温泉。温泉街は円山(まるやま)川支流の大谿(おおたに)川沿いに細長く延びる。泉源は7世紀に発見という伝説があり、江戸時代には「海内(かいだい)第一泉」と称された。1925年(大正14)の北但(ほくたん)大震災で全町ほとんどが壊滅したため、昔の温泉宿のおもかげはない。町営の外湯(そとゆ)のほか、1972年(昭和47)には旅館への配湯方式が完成した。泉質は塩化物泉。[大槻 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

城崎温泉の関連キーワード豊岡豊岡盆踊唄豊岡〈村〉愛知県豊橋市豊岡町兵庫県豊岡市小島兵庫県豊岡市瀬戸兵庫県豊岡市伏兵庫県豊岡市三宅兵庫県三木市吉川町豊岡豊岡町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

城崎温泉の関連情報