(読み)くれ

精選版 日本国語大辞典「塊」の解説

くれ【塊】

〘名〙 かたまり。多く、土の小さいかたまりなどにいう。また、造語要素のように「土くれ」「石くれ」などと熟して用いられる。
歌謡・田植草紙(16C中‐後)昼哥四番「五貫にかふたるかたびら、くれがつくともはやせや地しろのかたびら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「塊」の解説

かい【塊】[漢字項目]

常用漢字] [音]カイ(クヮイ)(呉)(漢) [訓]かたまり つちくれ
かたまり。「塊根塊状金塊血塊山塊団塊土塊肉塊氷塊
[難読]石塊(いしくれ)石塊(いしころ)

くれ【塊】

かたまり。多く他の名詞の下に付いて、複合語として用いられる。「土」「石

ほど【塊/塊芋】

ホドイモ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android