コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化ビニリデン えんかビニリデン vinylidene chloride

7件 の用語解説(塩化ビニリデンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化ビニリデン
えんかビニリデン
vinylidene chloride

エチレンの同一炭素原子に結合している2個の水素原子が塩素原子により置換された化合物 CH2=CCl2 のこと。一般に CH2=C< をビニリデン基という。沸点 31.7℃,凝固点-122.5℃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんか‐ビニリデン〔エンクワ‐〕【塩化ビニリデン】

塩化ビニル塩素を付加して得られるトリクロロエタンを、水酸化ナトリウムなどを用いた脱塩化水素反応によって作る無色の液体。熱・光・触媒などによって重合し、塩化ビニリデン樹脂となる。塩化ビニルアクリロニトリルなどと共重合したものを繊維・食品包装用フィルム・漁網などに使用。化学式CH2=CCl2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塩化ビニリデン【えんかビニリデン】

化学式はCH2=CCl2。無色の液体。融点−122.1℃,沸点31.7℃。エーテルアルコールに可溶。工業的にはトリクロロエタンの脱塩化水素によりつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

塩化ビニリデン

 合成樹脂の原料.単品では毒性がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんかビニリデン【塩化ビニリデン vinylidene chloride】

エチレンの二塩素化物で,同一炭素に2個の塩素原子が結合している。1,1‐ジクロロエチレンともいう。化学式CH2=CCl2。融点-122.1℃,沸点31.7℃。塩化ビニルCH2=CHClの塩素化または1,2‐ジクロロエタンの塩素化で得られる1,1,2‐トリクロロエタンCH2Cl・CHCl2アルカリで脱塩酸することによって製造される。蒸気は麻酔性をもち,有毒。きわめて不安定で,酸素により爆発性の過酸化物を生じ,熱,光,ラジカル重合触媒によって容易に重合するので取扱いには注意を要する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんかビニリデン【塩化ビニリデン】

無色の液体。化学式 CH2=CCl2 蒸気は麻酔性がある。写真の増感に用いる。不安定で酸素と過酸化物をつくる。熱・光・触媒によって重合するが、単独重合体は結晶性で安定性が悪いので、塩化ビニルなどと共重合させた塩化ビニリデン樹脂として用いる。 1 、 1 -ジクロロエチレン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化ビニリデン
えんかびにりでん
vinylidene chloride

エチレンの塩素二置換体の一つ。正しくは1,1-ジクロロエテンという。クロロホルムに似たにおいのする揮発性無色液体。
 工業的には、クロロエテン(クロロエチレン、塩化ビニル)への塩素付加または1,2-ジクロロエタンの塩素置換により得られる1,1,2-トリクロロエタンを、水酸化ナトリウム、水酸化カルシウムにより脱塩化水素することにより製造する。きわめて不安定な化合物で、酸素に触れ過酸化物をつくり爆発することがあるので水中や暗所で貯蔵する。光、熱、触媒により重合しやすい。塩化ビニル、酢酸ビニル、アクリロニトリルなどとの共重合体がよく用いられ、合成繊維、商標名サランで知られる、耐薬品性が大きく吸湿性の小さいラップ用食品保存フィルムなどの原料となる。自動車の内装、漁網などにも使われる。蒸気は麻酔作用があり有害である。[谷利陸平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化ビニリデンの関連キーワード塩化ビニルグリコールテトラクロロエチレントリクロロエチレンポリアセチレン塩化エチレン二塩化メチレン塩素化炭化水素塩素化ポリエチレン二塩化エチレン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩化ビニリデンの関連情報