コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移ろう ウツロウ

デジタル大辞泉の解説

うつろ・う〔うつろふ〕【移ろう】

[動ワ五(ハ四)]《動詞「うつ(移)る」の未然形に反復継続の助動詞「ふ」の付いた「うつらふ」の音変化》
位置や住居を変える。移動する。「木の間を―・う月の光」
心変わりする。変心する。「―・いやすいは人の心」
移り変わっていく。物事がしだいに衰えてゆく。「時とともに―・いゆく町並み」
色が変わってゆく。
㋐色があせる。
「秋も暮れて、…菊の花の色香が―・う季節になった」〈谷崎・少将滋幹の母〉
㋑色づく。染まる。
「神な月時雨もいまだ降らなくにかねて―・ふ神なびの森」〈古今・秋下〉
花が散る。
「垂れこめて春の行くへも知らぬ間に待ちし桜も―・ひにけり」〈古今・春下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつろう【移ろう】

( 動五[四] )
〔「移る」に継続の助動詞「ふ」の付いた「うつらふ」の転〕
時の経過とともに物の状態が変わってゆく。衰えてゆく。 「奈良の都の-・ふ見れば/万葉集 1045
場所が変わる。移動する。 「山里などに-・ひて/徒然 30
色が変わってゆく。あせる。 「色々-・ひたるも黄なるが見所あるも/紫式部日記」
花が散る。 「桜ははかなき物にて、かく程なく-・ひ候なり/宇治拾遺 1
色や香りがしみつく。そまる。 「月草に衣色どり摺らめども-・ふ色といふが苦しさ/万葉集 1339
心変わりをする。変心する。 「消えわびぬ-・ふ人の秋の色に身をこがらしのもりの白露/新古今 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

移ろうの関連キーワードライト(Judith Wright)オーストラリア・ニュージーランド文学ヨハネ[十字架の]ヘルベティア人経済発展段階説其れはさておきフィッシャー扨・扠・偖落窪物語下山事件プラトン赤旗事件日本心移ろい万葉集未然形緊張瀬尻方違合金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

移ろうの関連情報