コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外交関係に関するウィーン条約 がいこうかんけいにかんするウィーンじょうやく Vienna Convention on Diplomatic Relations

4件 の用語解説(外交関係に関するウィーン条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外交関係に関するウィーン条約
がいこうかんけいにかんするウィーンじょうやく
Vienna Convention on Diplomatic Relations

国連国際法委員会が,従来主として慣習法の形式で存在していた外交関係および特権に関する国際法の規則を法典化し,明確にした条約。外交使節団の任務,使節団の特権および管轄権からの免除,外交官の特権,免除などについて定められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

外交関係に関するウィーン条約【がいこうかんけいにかんするウィーンじょうやく】

ウィーン条約とも。外交関係に関する法規を取り決めた条約。1961年国際連合主催のもとにウィーンで調印(1964年発効)。外交使節の任命,外交特権などに関し,従来の国際慣習を明文化した。
→関連項目アグレマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がいこうかんけいにかんするウィーンじょうやく【外交関係に関するウィーン条約】

1961年4月18日ウィーン会議で採択され,64年4月24日発効した外交関係に関する基本的な多数国間条約。日本については64年7月8日に発効(1983年2月1日現在,主要国を含む135ヵ国が加入)。かつては国家間の外交関係および外交特権に関する国際法は,古くからの慣行を基礎にして成立したもので,ほとんどすべて不文の法であったため明確でないところも多く,必ずしも統一されていなかった。このため,国際連合の下にある国際法委員会は,1954年国際法の法典化事業の一つとして〈外交関係と外交特権〉をとりあげることを決定し,57年および58年にこの問題を審議し草案を作成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がいこうかんけいにかんするウィーンじょうやく【外交関係に関するウィーン条約】

外交使節団の階級、派遣・接受、特権・免除など外交関係に関する国際慣習法を成文化した条約。1961年採択。64年発効。ウィーン外交関係条約。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の外交関係に関するウィーン条約の言及

【外交特権】より

…外交特権は従来より国際慣習法上認められてきたものであるが,特権免除の根拠や範囲・内容については必ずしも統一されていなかった。しかし,1961年に〈外交関係に関するウィーン条約〉が採択され,慣習法が法典化されたため,外交特権は国際法上明確なものとなった。この条約は,外交特権の根拠を〈国を代表する外交使節団の任務の能率的な遂行の確保〉にあるとして,公館・公文書の不可侵,公館に対する課税の免除,通信の自由,外交官の身体・住居・書類・通信・財産の不可侵および接受国の刑事・行政・民事に関する裁判権,課税権,国家役務等からの免除などを規定している(事務・技術職員およびその家族については,民事・行政裁判権の免除が公務遂行中の行為に限定され,関税の免除が赴任の際に輸入するものに限定されているほかは,外交官と同一の特権・免除を享有する。…

【不可侵権】より

…また,公文書,書類,公用返信も不可侵なので,接受国は,外国の使節団が用いる暗号をみだりに解読してはならない。こうした外交官の不可侵権は,1961年の〈外交関係に関するウィーン条約〉に詳しく定められているが,それにもかかわらず,外交官が人質となる事件が頻発したため,73年には〈外交官を含む国際的保護を受ける者に対する犯罪の防止と処罰に関する条約〉が,79年には〈人質行為防止条約〉が採択された。外国の領事も不可侵権を有するが,外交官の不可侵権が国際慣習法として確立しているのに比べ,領事の不可侵権は条約――たとえば,1963年の〈領事関係に関するウィーン条約〉――によって定められた範囲内においてのみ認められるにすぎない。…

※「外交関係に関するウィーン条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外交関係に関するウィーン条約の関連キーワードウィーン会議正統主義ベオグラード宣言ウィーン条約オゾン層保護条約NIEOローン会社ウィーン売買条約クレルモン会議ウィーン会議(外交関係)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外交関係に関するウィーン条約の関連情報