コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外村彰 とのむらあきら

5件 の用語解説(外村彰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外村彰
とのむらあきら

[生]1942.4.25. 兵庫
[没]2012.5.2. 埼玉
物理学者電子顕微鏡を使って量子力学の基礎にある物理現象を可視化することに取り組み,アハロノフ=ボーム効果の実証など多くの成果を残した。1965年に東京大学理学部物理学科を卒業後,日立製作所に入社。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とのむら‐あきら【外村彰】

[1942~2012]物理学者。兵庫の生まれ。ホログラフィー電子顕微鏡を開発、アハラノフボーム効果の確認実験に成功した。平成14年(2002)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

外村彰【とのむらあきら】

物理学者。兵庫県生れ。1965年に東京大学理学部物理学科を卒業,日立製作所に入社し,同社中央研究所電子顕微鏡開発に携わる。1999年に日立製作所フェロー(研究者の最上位で役員待遇)となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

外村彰 とのむら-あきら

1942-2012 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和17年4月25日生まれ。40年日立製作所中央研究所にはいる。60年同社に新設の基礎研究所の主管研究員となり,のち日立製作所フェロー高性能電子顕微鏡,電子線ホログラフィーを開発,61年アハラノフ-ボーム(AB)効果の検証実験に成功した。平成3年学士院恩賜賞。14年文化功労者。19年学士院会員。平成24年5月2日死去。70歳。大阪出身。東大卒。著作に「電子波で見る世界」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外村彰
とのむらあきら
(1942―2012)

物理学者。兵庫県西宮市生まれ。1965年(昭和40)に東京大学理学部物理学科を卒業後、日立製作所中央研究所に入所。1973年から1974年まで西ドイツチューリンゲン大学に留学。1999年(平成11)から日立製作所フェロー。電子顕微鏡の開発から、電子線の干渉による「電子線ホログラフィー」の開発に進み、量子力学における先駆的な研究を行った。とくに1982年、1986年の「アハラノフ‐ボーム効果(AB効果)」の実験的検証は重要である。「AB効果」とは、電子が電場・磁場が存在しない空間でも電磁ポテンシャルの影響を受ける現象である。古典論では、電子は電場・磁場が存在しない空間では電磁ポテンシャルの影響を受けないが、量子論では、電磁ポテンシャルの影響を受けることが予想されていた。この効果を実験的に検証したことにより、量子論の検証および電磁ポテンシャルの実在性を証明した。2002年(平成14)文化功労者。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外村彰の関連キーワード北村治飯高茂岡庭昇鴨武彦清川雪彦謝名元慶福辻隆中川清司林与一鈴木篤之

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外村彰の関連情報