コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外村彰 とのむらあきら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外村彰
とのむらあきら

[生]1942.4.25. 兵庫
[没]2012.5.2. 埼玉
物理学者。電子顕微鏡を使って量子力学の基礎にある物理現象を可視化することに取り組み,アハロノフ=ボーム効果の実証など多くの成果を残した。1965年に東京大学理学部物理学科を卒業後,日立製作所に入社。同中央研究所の電子顕微鏡グループに入る。1968年,電子の波動を記録する電子線ホログラフィーという結像法を開発,この方法で磁性体中の磁力線観察に成功した。それまで議論が沸騰していた電磁気学におけるゲージ場ベクトルポテンシャル)の存在を確かめるため,アハラノフ=ボーム効果の実証実験に挑み,1986年に成功。この際,ノーベル物理学賞を受賞した楊振寧の助言を受けたことは有名である。1999年日立製作所フェロー(技術職の最高位)に就任。理化学研究所グループディレクターなども兼任した。1982年仁科記念賞,1991年日本学士院賞恩賜賞,1999年フランクリン・メダルなど受賞多数。2002年文化功労者

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

外村彰【とのむらあきら】

物理学者。兵庫県生れ。1965年に東京大学理学部物理学科を卒業,日立製作所に入社し,同社中央研究所で電子顕微鏡開発に携わる。1999年に日立製作所フェロー(研究者の最上位で役員待遇)となる。2011年には沖縄科学技術大学院大学教授に就任。この間,1991年に電子線ホログラフィー(電子でホログラムを作る)の開発とAB効果の実証で恩賜(おんし)賞・日本学士院賞を受賞,2002年には文化功労者,2007年には日本学士院会員となる。量子力学において理論的に予想されていた現象を,電子顕微鏡を使用した実験で解明し,ノーベル物理学賞の候補として何度も名前が挙がった。2014年には外村が世界で初めて実用化した電子線ホログラフィーを基盤とした原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡が,日立製作所基礎研究サイトで完成,稼働後に世界レベルの分解能を達成している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

外村彰 とのむら-あきら

1942-2012 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和17年4月25日生まれ。40年日立製作所中央研究所にはいる。60年同社に新設の基礎研究所の主管研究員となり,のち日立製作所フェロー。高性能電子顕微鏡,電子線ホログラフィーを開発,61年アハラノフ-ボーム(AB)効果の検証実験に成功した。平成3年学士院恩賜賞。14年文化功労者。19年学士院会員。平成24年5月2日死去。70歳。大阪出身。東大卒。著作に「電子波で見る世界」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外村彰
とのむらあきら
(1942―2012)

物理学者。兵庫県西宮市生まれ。1965年(昭和40)に東京大学理学部物理学科を卒業後、日立製作所中央研究所に入所。1973年から1974年まで西ドイツのチューリンゲン大学に留学。1999年(平成11)から日立製作所フェロー。電子顕微鏡の開発から、電子線の干渉による「電子線ホログラフィー」の開発に進み、量子力学における先駆的な研究を行った。とくに1982年、1986年の「アハラノフ‐ボーム効果(AB効果)」の実験的検証は重要である。「AB効果」とは、電子が電場・磁場が存在しない空間でも電磁ポテンシャルの影響を受ける現象である。古典論では、電子は電場・磁場が存在しない空間では電磁ポテンシャルの影響を受けないが、量子論では、電磁ポテンシャルの影響を受けることが予想されていた。この効果を実験的に検証したことにより、量子論の検証および電磁ポテンシャルの実在性を証明した。2002年(平成14)文化功労者。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

外村彰の関連キーワードアハロノフ・ボーム効果電子線リソグラフィー薄膜(はくまく)格子(科学用語)日立製作所[株]二重スリット実験電子ビーム加工電子線回折装置恩賜賞受賞者電子レンズ電子線回折

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android