コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大判(錦絵) おおばん

世界大百科事典内の大判(錦絵)の言及

【浮世絵】より

…こうした絵本における版画は,ついには文章を不要とし本の形式とも離れた純然たる鑑賞版画として独立するにいたる。その最初期の例が,春画をはじめ遊里案内などの風俗画(例,《吉原の躰》)あるいは人口に膾炙(かいしや)した物語絵(例,《大江山酒呑童子》)など,必ずしも内容の解説を要しない主題を扱った師宣作品で,それらは普通,本の見開き2ページ分に相当する横大判(約27~30cm×36~46cm)12図一組の組物として構成された。また,墨摺絵を標準仕様としたが,工房所属の専門絵師が丁寧に筆彩を加えた特別上製の彩色版画も作られた。…

※「大判(錦絵)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大判(錦絵)の関連キーワード富嶽三十六景高島屋おひさ竹内眉山

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android