大舎人寮(読み)オオトネリリョウ

百科事典マイペディアの解説

大舎人寮【おおどねりりょう】

中務(なかつかさ)省所属の令制官司。左右に分かれる。職掌は大舎人(四位・五位の子孫,六位〜八位の子の一部を採用)の管轄・育成。職員は各々頭(かみ)・(すけ)・大允(だいじょう)・少允・大属(だいさかん)・少属各1人,大舎人800人ほかが分属。795年大舎人の資格が狭まり,808年左右を併合して員数半減,819年さらに半減された。→大宝律令養老律令

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおどねりりょう【大舎人寮】

日本古代の令制官司の一つ。中務省に属す。左右の別があり,それぞれ頭,助,大・少允,大・少属各1人計6人のいわゆる四等官の下に大舎人800人,使部20人,直丁2人が分属した。その任務は大舎人を管轄し,彼らの分番(勤務の交代組分け),宿直,仮使(休暇や遣使),容儀の事をつかさどることであった。大舎人には四,五位の子孫で内舎人(うどねり)とならないものや,六~八位の子からとって充てられた。これは当人にとっては官人としての振出しを意味するが,左右あわせて1600人という数は天皇親衛軍として五衛府に劣らぬ重要な意味をもったものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大舎人寮
おおとねりりょう

令(りょう)制官司の一つで中務(なかつかさ)省の被官。673年(天武天皇2)に大舎人、686年(朱鳥1)に左・右大舎人がみえる。養老(ようろう)職員令によると、左・右の大舎人寮に分かれ、職員はそれぞれ頭(かみ)1人、助(すけ)1人、大・少允(じょう)各1人、大・少属(さかん)各1人、大舎人800人などからなる。頭は大舎人を指揮して天皇に供奉(ぐぶ)することを任とし、大舎人の名簿、交替勤務の組分け、宿直のことなどを掌(つかさど)った。大舎人は、五位以上の子孫、または内六位以下八位以上の嫡子のなかで優秀な者をあてる規定であった。頭は従(じゅ)五位上相当官であるが、738年(天平10)の大井王をはじめ諸王の任ぜられる例が多い。808年(大同3)に左・右両寮が合併されて大舎人寮となり、819年(弘仁10)には大舎人の数も400人に半減された。

[柳雄太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おおとねり‐りょう おほとねりレウ【大舎人寮】

〘名〙 令制で、中務省に属する官司の一つ。左右二司に分かれ大舎人に関する事務、宮中の宿衛、行幸供奉などのことをつかさどる。大同三年(八〇八)、左右合併して一つになった。職員は、頭一人、助一人、大・少允各一人、大・少属各一人、大舎人八〇〇人(のちに四〇〇人)、使部二〇人、直丁二人。おおとねりのつかさ。〔令義解(718)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報