コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大舎人寮 オオトネリリョウ

5件 の用語解説(大舎人寮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおとねり‐りょう〔おほとねりレウ〕【大舎人寮】

律令制で、中務(なかつかさ)省に属し、左右2寮に分かれて、大舎人に関する事務を扱った役所。のち、合併。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大舎人寮【おおどねりりょう】

中務(なかつかさ)省所属の令制官司。左右に分かれる。職掌は大舎人(四位・五位の子孫,六位〜八位の子の一部を採用)の管轄・育成。職員は各々頭(かみ)・助(すけ)・大允(だいじょう)・少允・大属(だいさかん)・少属各1人,大舎人800人ほかが分属。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおどねりりょう【大舎人寮】

日本古代の令制官司の一つ。中務省に属す。左右の別があり,それぞれ頭,助,大・少允,大・少属各1人計6人のいわゆる四等官の下に大舎人800人,使部20人,直丁2人が分属した。その任務は大舎人を管轄し,彼らの分番(勤務の交代組分け),宿直,仮使(休暇や遣使),容儀の事をつかさどることであった。大舎人には四,五位の子孫で内舎人(うどねり)とならないものや,六~八位の子からとって充てられた。これは当人にとっては官人としての振出しを意味するが,左右あわせて1600人という数は天皇親衛軍として五衛府に劣らぬ重要な意味をもったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおとねりりょう【大舎人寮】

律令制で、中務省なかつかさしように属する役所。大舎人に関する事務を扱う。初め左右両寮があったが、808年併合。長官は頭かみ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大舎人寮
おおとねりりょう

(りょう)制官司の一つで中務(なかつかさ)省の被官。673年(天武天皇2)に大舎人、686年(朱鳥1)に左・右大舎人がみえる。養老(ようろう)職員令によると、左・右の大舎人寮に分かれ、職員はそれぞれ頭(かみ)1人、助(すけ)1人、大・少允(じょう)各1人、大・少属(さかん)各1人、大舎人800人などからなる。頭は大舎人を指揮して天皇に供奉(ぐぶ)することを任とし、大舎人の名簿、交替勤務の組分け、宿直のことなどを掌(つかさど)った。大舎人は、五位以上の子孫、または内六位以下八位以上の嫡子のなかで優秀な者をあてる規定であった。頭は従(じゅ)五位上相当官であるが、738年(天平10)の大井王をはじめ諸王の任ぜられる例が多い。808年(大同3)に左・右両寮が合併されて大舎人寮となり、819年(弘仁10)には大舎人の数も400人に半減された。[柳雄太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大舎人寮の関連キーワード大学寮内記中務省主計寮鍛冶司監物左弁官縫殿寮散位寮典鑰

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone