大野 伴睦(読み)オオノ バンボク

20世紀日本人名事典の解説

大野 伴睦
オオノ バンボク

昭和期の政治家 衆院議長;自民党副総裁。



生年
明治23(1890)年9月20日

没年
昭和39(1964)年5月29日

出生地
岐阜県山県郡美山町

別名
俳号=万木(バンボク)

学歴〔年〕
明治大学政経学部〔大正2年〕中退

経歴
政友会院外団に入り東京市議を経て、昭和5年岐阜1区から衆院議員に当選、以来12回当選。戦後、鳩山一郎日本自由党に入り、21年内務政務次官、党幹事長、27年衆院議長、28年第5次吉田内閣の国務相、北海道開発長官などを歴任した。30年三木武吉と保守合同を図り自由民主党を結成、32年同党副総裁。戦前戦後を通じ、生粋の政党人で、義理人情に厚い明治型の政治家。新幹線岐阜羽島駅を設置して話題を呼んだ。その一方で、少年時代より美濃派俳諧に親しみ、「ホトトギス投句を経て、富安風生の指導を受ける。文壇句会で活躍、句集に「大野万木句集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

大野 伴睦
オオノ バンボク


肩書
衆院議長,自民党副総裁

別名
俳号=万木(バンボク)

生年月日
明治23年9月20日

出生地
岐阜県山県郡美山町

学歴
明治大学政経学部〔大正2年〕中退

経歴
政友会院外団に入り東京市議を経て、昭和5年岐阜1区から衆院議員に当選、以来12回当選。戦後、鳩山一郎の日本自由党に入り、21年内務政務次官、党幹事長、27年衆院議長、28年第5次吉田内閣の国務相、北海道開発長官などを歴任した。30年三木武吉と保守合同を図り自由民主党を結成、32年同党副総裁。戦前戦後を通じ、生粋の政党人で、義理人情に厚い明治型の政治家。新幹線岐阜羽島駅を設置して話題を呼んだ。その一方で、少年時代より美濃派俳諧に親しみ、「ホトトギス」投句を経て、富安風生の指導を受ける。文壇句会で活躍、句集に「大野万木句集」がある。

没年月日
昭和39年5月29日

家族
息子=大野 明(衆院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

大野 伴睦 (おおの ばんぼく)

生年月日:1890年9月20日
昭和時代の政治家。衆議院議員
1964年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大野 伴睦の関連情報