コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大隅[町] おおすみ

百科事典マイペディアの解説

大隅[町]【おおすみ】

鹿児島県東部,曾於(そお)郡の旧町。大部分が丘陵性のシラス台地。肉牛,養豚などの畜産が盛んで,野菜栽培も行う。主集落岩川は郡の行政中心で,焼酎(しょうちゅう),繊維などの工場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおすみ【大隅[町]】

鹿児島県中東部,曾於(そお)郡の町。人口1万4335(1995)。大隅半島北部に位置する。北西から南東に傾斜するシラス台地を,志布志湾に注ぐ菱田川支流の前川,日野川,後川などが開析し,谷底に沖積低地を形成している。中心集落は岩川で,郡の行政,経済の中心地。戦前は台地上に展開するカンショ栽培や馬産が中心であったが,戦後和牛の生産・肥育に転換,〈曾於和牛〉の産地として知られるようになった。近年は露地園芸の振興にも力が注がれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報