コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大韓航空 だいかんこうくう Korean Air Lines; KAL

2件 の用語解説(大韓航空の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大韓航空
だいかんこうくう
Korean Air Lines; KAL

大韓民国(韓国)の航空会社。1948年国営会社として設立され,1969年韓進グループの傘下に入って民営となった。1972年ロサンゼルスへの定期旅客便の運航を開始して以来,長距離国際線にも進出するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大韓航空
だいかんこうくう
Korean Air Lines Co., Ltd.

韓国(大韓民国)最大の航空会社。略称KAL。前身は1948年設立のコリア・ナショナル・エアラインズKorea National Airlines(略称KNA)である。1950年、朝鮮戦争勃発(ぼっぱつ)で国防部に接収されたが、戦後の1954年に台湾経由香港(ホンコン)路線の運航を開始したのをはじめとして国際線を拡大していった。1962年にKNAが倒産したのを契機に、新たに国営の大韓航空公社が設立された。新会社はこれまでの路線を引き継ぎ、国内線の充実に努めた。1966年には韓国証券取引所に上場されたが、職員数、保有機種、路線など合理化が図れず経営危機に陥った。
 1969年、経営を立て直すため政府保有株式は中堅財閥韓進グループに譲渡され、同社は純民間企業として創立、韓進グループの趙重勲(ちょうじゅうくん/チョチュンフン)(1920―2002)が会長に就任した。大韓航空は海運業の韓進海運とともに空と海の交通を握る同グループの中核企業となった。1989年、国際航空運送協会(略称IATA(イアタ))に加入。2002年に設立された国際航空連合のスカイチーム創立メンバーである。
 日本へは、民営化した1969年(昭和44)に東京をはじめ3都市に就航した。2011年時点で、成田、関西など16空港に就航している。
 2009年時点で、保有機数126機、国内13都市、国外38か国104都市に就航。航空貨物輸送も盛んである。2008年の総資産は15兆8099億9100万ウォン、営業収入は10兆2126億ウォン。2009年時点での従業員数は約1万8600人。[上川孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大韓航空の関連キーワード韓国アシアナ航空在日本大韓民国民団青瓦台韓国民団CJK拉北者フルサービス航空会社大韓航空[会社]2レターコード

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大韓航空の関連情報