大館[市](読み)おおだて

百科事典マイペディアの解説

大館[市]【おおだて】

秋田県北部の市。1951年市制。米代(よねしろ)川中流部の大館盆地と北部・東部の山地を占め,1967年花矢(はなや)町を編入。中心市街は盆地東部の段丘上に発達,江戸時代小場氏(のち佐竹氏)の城下町,河港であった。奥羽本線,花輪線の分岐点をなし,秋田自動車道が通じる。周辺に秋田杉の美林が多く,製材・木工業が盛んで曲木(まげき)細工を特産,盆地では米を多産する。日本最大の黒鉱鉱床が分布することで知られたが,花岡鉱山は1973年終掘,釈迦内鉱山は1987年閉山,松峰,深沢両鉱山は1994年3月閉山した。秋田犬(天然記念物)・声良鶏(天然記念物)飼育の本場。1993年北部の白神山地が世界遺産条約の自然遺産リストに登録された。2005年6月北秋田郡比内町,田代町を編入。913.22km2。7万8946人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおだて【大館[市]】

秋田県北部,米代川中流の大館盆地の中心都市。1951年市制。人口6万7214(1995)。旧市街は米代川と長木川間の洪積台地上に立地するが,近世には三斎市が開かれ,また米代川の河港として栄えた。明治30年代に奥羽本線が開通,北部の水田地帯に駅ができ,大正初めには花輪線と小坂鉄道の分岐点となったので,駅前に新市街が発達,やがて旧市街と結ばれた。第2次世界大戦後,4度の大火にあったが,被害を克服して防火建築帯による近代的市街を建設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android