天の戸(読み)アマノト

  • あまの
  • 天(あま)の戸
  • 天の
  • 天の戸/天の▽門
  • 戸(と)

デジタル大辞泉の解説

天の岩戸」に同じ。
「ひさかたの―開き高千穂の岳に天降(あも)りし」〈・四四六五〉
日月の渡る空の道。大空。
「秋風に声をほにあげて来る舟は―渡る雁(かり)にぞありける」〈古今・秋上〉
天の川の川門(かわと)。
「たなばたの―渡る今宵さへ遠方(をちかた)人のつれなかるらむ」〈後撰・秋上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

秋田の日本酒。酒名は、「天のは静かに明けて路山杉の青葉日影さすみゆ」という古歌から命名。大醸酒、純米吟醸酒純米酒、本醸造酒、普通酒がある。全国新酒鑑評会などで受賞実績多数。原料米は美山錦、吟の秋田酒こまちなど。仕込み水は軟水の平鹿町の湧水蔵元の「浅舞酒造」は大正6年(1917)創業。所在地は横手市平鹿町浅舞字浅舞。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

秋田県、浅舞酒造株式会社の製造する日本酒。純米大吟醸酒雲悠々」、純米吟醸酒「五風十雨」、純米酒「美稲(うましね)」などがある。平成21、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

※万葉(8C後)二〇・四四六五「ひさかたの 安麻能刀(アマノト)ひらき 高千穂(たかちほ)の 岳(たけ)に天降(あも)りし」
② (大空を海にたとえていった語で、「戸」は水流の出入りする所の意) 大空。天。
※古今(905‐914)秋上・二一二「秋風に声をほにあげてくる舟はあまのとわたるかりにぞありける〈藤原菅根〉」
③ (銀河を川にたとえていった語で、「戸」は両側の狭くなっている川門(かわと)の意) 七夕に牽牛、織女の二星が渡る、天の川の川門。
※後撰(951‐953頃)秋上・二三八「織女(たなばた)のあまのと渡る今夜(こよひ)さへをち方人のつれなかるらん〈よみ人しらず〉」
④ (夜が明けることにたとえていった語で、「の」「を」を伴って「明く」の枕詞的に用いられることが多い) 夜と昼との間にある戸。夜。空。
古今六帖(976‐987頃)二「あまのとのさもあけがたくみえしかなこや夏の夜の短かりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天の戸の関連情報