コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十文字峠 じゅうもんじとうげ

3件 の用語解説(十文字峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十文字峠
じゅうもんじとうげ

埼玉県西部の秩父市と長野県川上村との県境にある峠。標高 2020m。荒川千曲川との分水界をなす。地名は甲武信ヶ岳三国山を結ぶ尾根筋と信州路が直交することに由来。ここを通る信州往還はかつて通行人が多く,東方の栃本には関所が置かれ,栃本から 4kmごとに石造りの観音像が安置された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうもんじとうげ【十文字峠】

秩父山地西部,埼玉県秩父郡大滝村と長野県南佐久郡川上村の境にある峠。標高2020m。荒川と千曲川の分水界にあたり,秩父と佐久を結ぶ重要な交通路と甲武信ヶ岳から三国山に至る縦走路が直交するところから名付けられた。峠付近はコメツガの原生林がみられ,十文字小屋がある。【徳久 球雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十文字峠
じゅうもんじとうげ

埼玉県西端にある峠。埼玉県秩父(ちちぶ)市大滝(おおたき)地区栃本(とちもと)と長野県南佐久郡川上村梓山(あずさやま)とを結ぶ。標高約2000メートル。かつては中山道(なかせんどう)と甲州街道を結ぶ裏街道の信州往還が通った所で、通行者が多く、栃本には関所があった。十文字の名は峠道と尾根道が十文字に交差することによる。栃本と梓山の間には、旅の安全祈願と道標として、石造観音(かんのん)が1里ごとにつくられたが、現在も残っていて、当時のおもかげをしのばせる。いまは甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)の登山コースとなっており、夏を中心に登山者でにぎわう。付近はシラビソ、オオシラビソなどの原生林で、秩父側の原生林を切り開き十文字小屋が建てられている。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十文字峠の言及

【三国山】より

…荒川の支流中津川,千曲川の支流二本木沢,利根川の支流神流(かんな)川の分水嶺をなし,群馬・埼玉側は森林,長野側は草地である。北側に三国峠,南側に十文字峠(2020m)があったが,1966年十文字峠との間の新三国峠に中津川林道(全長18.4km)が開通し,中津川と千曲川の流域を結んでいる。南方に甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)がそびえ,一帯は秩父多摩国立公園に含まれる。…

※「十文字峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十文字峠の関連キーワード埼玉県秩父市荒川上田野埼玉県秩父市浦山埼玉県秩父市大滝埼玉県秩父市久那埼玉県秩父市黒谷埼玉県秩父市栃谷埼玉県秩父市中町埼玉県秩父市東町埼玉県秩父市別所埼玉県秩父市三峰

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone