コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴隷制[東洋] どれいせい[とうよう]slavery

翻訳|slavery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奴隷制[東洋]
どれいせい[とうよう]
slavery

東アジアでは一般に,奴 (男) ・婢 (女) の語で奴隷を表わすが,その実態は時代,地域により異なる。社会身分として良民と賤民を区別する良賤制は東アジアの歴史を通じて広くみられるが,これを一種の奴隷制ととらえる考えがある。また専制的君主のもとでの臣民を奴隷的な存在とみなし,ある段階までの東アジア社会を総体的奴隷制とみる考えもある。一方,インド,中央アジア,西アジアには古代から典型的な奴隷の存在が広くみられ,それはイスラム時代を経て 20世紀初頭まで残存した。中世イスラム社会では,アフリカの黒人,バルカンやロシアの白人,中央アジアのトルコ人などが奴隷商人によってもたらされ,取引された。奴隷は農場や鉱山などで奴隷制に基づく労働に従事する場合もあったが,多くは家内奴隷で,解放される場合も多かった。また 11世紀頃からはマムルークグラームなどと呼ばれる奴隷出身の軍人集団が政治の実権を握る例がしばしば出てくる。オスマン帝国イェニチェリもその例であるが,13~16世紀のエジプトのマムルーク朝は奴隷出身軍人が代々の君主であった王朝である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android