コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴隷制[西洋] どれいせいせいようslavery

翻訳|slavery

1件 の用語解説(奴隷制[西洋]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奴隷制[西洋]
どれいせいせいよう
slavery

奴隷労働に基づく生産関係のこと。奴隷制の起源については,一般に諸社会が狩猟段階から牧畜段階に達したときに出現したといわれる。さらに自給自足から市場経済への変化の過程で,広大な土地が比較的少数の富裕な土地所有者の手に帰したとき,集団で働く奴隷の使用は有利となり,奴隷制の導入がはかられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone